おにちゃん塾の商品一覧

【SEO対策】ブログで稼げるようになる記事数【結論:関係ないという話】

【SEO対策】ブログで稼げるようになる記事数【結論:関係ないという話】
URLをコピーする
URLをコピーしました!

ブログの記事数が気になる方『有名サイトが1万PV超えた時の状況を知りたい。有名サイトが収益3万円超えた時の詳しい内容を聞きたい』

本記事ではブログの記事数について詳しく解説していきます。

本記事の内容
  1. ブログで稼げるようになる記事数
  2. PV数1万超えした時の記事数
  3. 収益3万超えた時の記事数
  4. 【実体験】記事数を意識しなくなったらSEO対策が上手くいった話

本記事の結論は、稼げるブログ記事数は1人1人違うから意識しなくても問題ない。その間に自分のコンテンツ制作の技術を底上げさせましょう。という話です。

とは言っても、具体的な数字を知りたい方もいるはずなので、僕の実体験を公開していきます。

*5分くらいで読めますので、どのくらいの記事数で稼げるのかを知りたい方は是非、お付き合い下さい。

目次

ブログで稼げるようになる記事数→結論関係ないという話。

ブログで稼げるようになる記事数→結論関係ないという話。
ブログで稼げる記事数

なぜ、ブログにおいて記事数は関係ないのか⁉︎

  1. マナブさん:200記事
  2. Tsuzukiさん:100記事〜200記事
  3. おにちゃん:90記事

Tsuzukiさんに関して、明言はしていないのですが、上記のような感じで1人1人言っていることが違います。

おにちゃん

ですので、何記事書けばいくら稼げるみたいなものは信じなくても問題なしです。

ただ、参考にはなると思いますので、是非最後までご覧ください。


PV数1万越えした時の記事数

→約150記事

他の有名ブロガー達と比較するとPV数1万を超えるために必要な記事数が多いです。

1万を超えた大きな理由はTwitterですね。

おにちゃん

拡散生の高いSNSを活用することで、検索流入以外の経路を獲得することができます。


収入が3万超えた時の記事数

→60記事

これは僕のマーケティングのおかげです。

  1. FXジャンルを攻めまくる
  2. Twitter発信× Instagram発信
  3. 同年代をターゲティング
  4. 毎日更新する

→こんな感じでした。

今はもう辞めてます。理由:FXの限界を感じたからです。

2020年10月7日時点:大半の記事を削除しています。


ブログ記事の制作時間

→約2時間程度

これは大きな成長です笑笑

記事制作の時間を短縮する方法については以下で詳しく解説していますので、是非参考にしてください。

ここまでで、どのくらいの記事数でどのくらいのPV数や収入が稼げるのかがわかった所で速報です。

→記事数は意識しないようにしましょう。

と言う話について解説していきます。


【実体験】記事数意識しなくなったらSEO対策が上手く行った話

【実体験】記事数意識しなくなったらSEO対策が上手く行った話
【実体験】記事数を意識しなくなってからSEO対策が上手くなった話

これは僕の実体験なのですが、記事数を意識しなくなってからSEOが上手く行くようになり、稼げるようになりました。

記事数ではなく、下記の項目を意識するようになりました。

僕の実体験

90記事程度でSEOのコツを掴み、稼げるようになった。

  1. 書いた記事を分析する
  2. キーワードに意識を向けた
  3. リライト手法を変えた

記事数ではなく、コンテンツ制作に目を向けるようになりました。


90記事を目安にSEOのコツを掴んだ

これは嬉しかったです。

あれ、こう記事書けば上位表示されるみたいな感覚的なものが手に入りました。

おにちゃん

優秀なブロガーになるにはこの感覚的なSEO対策+分析的なSEO対策が必要です。

  • 分析的なSEO対策に関しては、SEO対策記事を読むことで手に入れることができます。
  • 感覚的なSEO対策に関しては、記事を書き続けることによって手に入れることができます。

この両輪がうまく回ると、ブログ収入を上げることができます。

感覚的なSEO対策については下記の分析で身につけましょう。


書いた記事数分を徹底分析した

100記事程度書いた方は一度、分析してみましょう。

  1. 分析方法はランクトラッカーを利用して順位を調べる。
  2. ファンキーレイティングを利用して文字含有率を調べる。

→どの記事がどのくらいの検索順位になるのかを自分なりの感覚に落とし込む。

以上の流れをしていて僕はある感覚的な気づきを得られたのです。

ワードによって攻略方法が違う。

  1. ビックワード:ドメインパワーが重要視
  2. ミドルワード:内部リンクが充実している
  3. スモールワード:キーワードが鍵を握る

→これはかなり有益ですので、スクショしておきましょう。

上記みたいな感覚を僕は持っています。

1人1人調べ方によって、違う発見があるはずですので、是非書いた記事を分析してみてください。

他社分析】ライバルサイトの記事数を調べる方法

ライバルサイトの分析は主に、コンテンツ制作の時に使います。

ライバルサイトの記事数を調べる方法は下記の通りです。

  1. アーカイブで調べる
  2. カテゴリーで調べる

→上記以外だと『site:ドメイン』で調べることができます。

注意点:適切な数値はほぼ出ない。

ここからは僕が実際に掴んだ感覚的なコンテンツ制作をご紹介していきます。


キーワードを意識した手法に変えた

これまでもキーワードは意識してました。

【変更前】
→キーワード選定=ネタ探し

【変更後】
→キーワード選定=キーワード候補探し→キーワードのニーズ調査→キーワードの順序付け→キーワードを活かしたコンテンツ制作→キーワード選定を活かしたコンテンツ制作後にやるべき事

おにちゃん

こんな感じで、大きく軌道修正した事で、今の結果が出ていると個人的には思っています。

後は、ウーバーサジェストの活用ですね。

ウーバーサジェストの使い方についてはUbersuggest(ウーバーサジェスト)の正しい使い方【キーワード選定】を参考にしてください。

僕が大事にしているキーワード選定については下記の記事で学べます。


リライト手法を身につけた。

リライトについて語ると長くなるので、下記の記事を参考にしてください。


ブログの記事数を意識するより集客に力を入れる→SEOが上手く行く

ブログの記事数を意識するよりコンテンツ制作に力を入れる→SEOが上手く行く
ブログの記事数ではなく、集客にコミットしましょう

ここまでで【SEO対策】ブログで稼げるようになる記事数【結論:関係ないという話】について解説してきました。

おにちゃん

本記事は以上です。

本記事を読んだ方におすすめの記事は下記の通りです。

本記事の元となるツイート

【SEO対策】ブログで稼げるようになる記事数【結論:関係ないという話】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする