Blog

【必読】ブログで読みやすい文章を書くテクニック【僕の練習方法も公開します】

【必読】ブログで読みやすい文章を書くテクニック【僕の練習方法も公開します】
おにちゃん
おにちゃん

ブログで読みやすい文章を書くテクニックを知りたい方『テクニックや練習方法について詳しく知りたい。』

▲想定読者

本記事ではブログで読みやすい文章を書くテクニックについて詳しく解説していきます。

 

本記事の内容

  1. ブログで読みやすい文章を書く前に
  2. ブログで読みやすい文章を書くテクニック
  3. ブログで読みやすい文章を書くための練習方法

上記を軸に解説していきます。

本記事の信頼性

おにちゃん
おにちゃん
  • 大学生エンジニア
  • ブログ収入:月約6万円
  • 総SNSフォロワー数:5000人

僕はブログ運営を失敗した経験があります。正直、失敗というのは辛いです。出来れば、僕のブログを毎日見にきてくれる方には失敗して欲しくない。と強く思い、

ずっと秘密にしてきた『読みやすいブログ記事』の本質的な部分やテクニックなどを公開することにしました。

読みやすいブログ記事というのは稼げるブロガーになるためには必須のノウハウです。

必ず身に付けるようにしましょう。

本記事を読むと、有名ブロガー達に一歩近づくことができるはずです。

それでは、本文に入っていきます。

【前提】ブログで読みやすい文章を書く前に

【前提】ブログで読みやすい文章を書く前に

読みやすさと聞くと、どうしてもテクニック論などに頼りたくなりますが、

ブロガーが目指すべきは頭に残る記事です。

おにちゃん
おにちゃん

ブロガーは単に読みやすさだけを追求するのではなく、読者の頭に残る記事の書き方を学ばなくてはいけないのです。

 

頭に残る記事で大事なこと

結論、『なぜあなたはこの記事を読者に伝えたいのか。』を簡潔に書きましょう。

本記事では下記のような文章を活用しています。

頭に残る記事で大事なこと

私の記事では『なぜ本記事の内容を伝えたいのか』→『何を伝えるのか』の順で伝えています。

おにちゃん
おにちゃん

なぜ伝えたいのかを明確化するだけで頭に残る記事を創り出すことができます。

 

読者は文章が読みづらいと離脱します

ブロガーであればほとんどの方が知っていると思いますが、

最近の読者は記事を細部まで読みません。

最近の読者

  • 時間がない
  • 細部まで読まない
  • 基本的に流し読み

上記の読者を想定して文章を書く必要があります。

 

ブログで読みやすい文章とは?

ブログで読みやすい文章とは下記の定義に当てはまる文章のことを言います。

  • ストレスが少ない
  • 絵が浮かぶ

要は、労力が少ない&得られるものが大きい文章です。

おにちゃん
おにちゃん

おにちゃん塾では、上記の定義を読みやすい文章としています。

 

ブログで読みやすい文章を書くテクニック

ブログで読みやすい文章を書くテクニック

ここからは『読みやすい』と言うテクニック的な部分について紹介していきます。

  1. 一文を短くする
  2. 結論を先に述べる
  3. 箇条書きを活用する
  4. 100記事書いてみる

他にも『画像を使用する』なども意識するといいかもです。

 

一文を短くする

読みやすい文章を書くテクニック①は一文を短くするです。

ブログで読みやすい文を作るには5つのテクニックが必要でその中でも特に一文を短くする最強のテクニックは僕も愛用しているおすすめの方法です。

→読みにくいですよね

ブログで読みやすい文を作るには5つのテクニックがあります。

中でも一文を短くするテクニックがおすすめです。

→読みやすいですよね。

1文を短くするテクニックは下記の3つがあります。

  • 句読点をつける
  • 無駄な言葉の削除
  • 改行を使う

割と無駄な言葉の削除が大事です。

 

結論を先に述べる

読みやすい文章を書くテクニック②は結論を先に述べるです。

読者はすぐに答えを知りたがりますので、最初の段階に結論は提示しましょう。

おにちゃん塾がよく使う論法

  • 結論:読みやすい文には簡潔さが必要です。
  • 理由:最近の読者は時間がないから。
  • 具体例:おにちゃん塾でも簡潔さを意識しています。
  • 結論:まとめると、読みやすい文には簡潔さが必要ということです。

上記のprep法はかなり役立ちます。

 

箇条書きを活用せよ

読みやすい文章を書くテクニック③は箇条書きを活用するです。

おにちゃん塾はかなり箇条書きを使います。

なぜなら、読みやすくなるからです。

読みやすい文章を書くテクニック

  1. 一文を短くする
  2. 結論を先に述べる
  3. 箇条書きを活用する
  4. 100記事書いてみる

上記のように箇条書きするとかなり読みやすくなります。

 

100記事書いてみる

読みやすい文章を書くテクニック④は100記事書くです。

有名ブロガーと言われる人のサイトを見てみましょう。

ほとんどの方が500記事ほど書いています。

おにちゃん
おにちゃん

そのレベルくらいまでいくと、『読みやすさとは〇〇である』みたいな領域にたどり着くことができると思います。

僕はこれまでの人生で300記事以上書いているので、割とプロの領域に達し始めています

100記事:なんとなく読みやすい記事がわかる
200記事:記事を見て良い所を盗めるレベル
300記事;自分流の記事が書けるようになる。

と言うことで、まずは100記事書いてみましょう。

ブログ100記事書いた月の収益・PV数は!?稼げた要因も暴露!!
ブログ100記事書いた月の収益・PV数は!?稼げた要因も暴露!!ブログ100記事書いた月の収益やPV(アクセス数)を詳しく解説...

 

ブログで読みやすい文章を書くための練習方法

ブログで読みやすい文章を書くための練習方法

ブログで読みやすい文章を書くためには練習あるのみです。

私がおすすめする練習方法は以下の3つをおすすめします。

  1. 文章を真似る
  2. SNSで情報発信
  3. ブログを書き続ける

1つ1つ解説していきます。

 

文章を真似る

ブログ記事で読みやすい文章を書く練習ひとつ目は『文章を真似る』ことです。

文章にもタイプがありますよね。

機械的に書く

→医療や健康ジャンルのブロガー

感情的に書く

→マナブログ

機械+感情的に書くタイプ

おにちゃん塾

ファンを多く作れるのはマナブさんのブログです。僕が一番好きなブロガーです。

おにちゃん
おにちゃん

Googleにも好かれ、読者にも好かれる『機械+感情的に書くタイプ』である私は割とおすすめのブロガーです。

真似するのは簡単です。その人の記事を見ながら、似た内容の記事を書けばいいのです。

丸パクリだと著作権違反ですが、似た表現を自分なりに探しながら書けば問題ありません

*弊サイトを練習に使う場合は言っていただければ、問題ありません。

 

SNSで情報発信

ブログ記事で読みやすい文章を書く練習ふたつ目は『SNSで情報発信』ことです。

SNSって簡単に発信できますよね。

僕のおすすめはTwitterやInstagramですね。

こんな感じで、投稿できます。

そこから、反応の良かったツイートなどをそのまま深ぼって記事にすることも可能なので、かなりおすすめです。

  • 文章媒体を主とする方はTwitter
  • 画像を上手く利用する方はInstagramがおすすめです。

 

ブログを書き続ける

ブログ記事で読みやすい文章を書く練習みっつ目は『ブログを書き続ける』ことです。

おにちゃん
おにちゃん

ただ、書き続けるのではなく、試行錯誤することが大切です。

僕がこのレベルまでレベルアップした方法は以下の方法を使ったからです。

  1. 今持っているスキルを使って読みやすい記事を書く
  2. 有名ブロガーの記事を真似る
  3. 文章術の本を読む
  4. 手に入れたスキルを使って読みやすい記事を書く。

真似る相手は僕で問題ないです。

本に関しては僕がオススメできるのは以下の2冊です。

この本を読みながら僕は成長しました。

【使い方】読んだ知識をまずはTwitterでアウトプット→記事に取り入れてみる。

こんな感じでオッケーです。

上記の繰り返しで文章力は確実にアップします。

おにちゃん
おにちゃん

重要なのは試行錯誤です。

適当に書きつづきてもスキルは向上しません。そのことは頭に入れておきましょう。

 

まとめ:ブログでの読みやすさを意識してると必ず成長する。

まとめ:ブログでの読みやすさを意識してると必ず成長する。

記事を書いていると読みやすさについて忘れる時があります。

おにちゃん
おにちゃん

これはしょうがない。僕でも時々あります。

そういった方は常に読者の顔(ペルソナ)を意識して記事を書いてみてください。

自分勝手な記事を作成しないようになります。

ペルソナについては分からない方は以下の記事を読みながら知識を深ぼってみてください。

ブログで必須のペルソナ設定の作り方【失敗する人はここが弱い】
ブログで必須のペルソナ設定の作り方【失敗する人はここが弱い】ブログ運営において必須であるペルソナ設定の作り方について詳しく解説しています。ペルソナ設定時の注意点やペルソナ設定後の流れについて詳しく解説していきます。...

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

 

本記事の元となるツイート

ABOUT ME
アバター
鬼澤龍平(20)
Twitterにて役立つ情報を掲載しております。
関連記事