WEBマーケティング

【本質】ブログに最適な文字数は検索するユーザーに聞け【SEO対策】

【本質】ブログに最適な文字数は検索するユーザーに聞け【SEO対策】

『ブログは何文字論争に終止符を打ちます。』

おにちゃん
おにちゃん
本記事は以下の人におすすめ

・ブログ運営をしている
・SEO関連を勉強したい
・ブログの文字数に関して詳しく知りたい。

→こういった方向けに記事を書いていきます。

本記事の信頼性

記事を書いている僕はブログ歴4ヶ月で、アフィリエイト収益だけで月5桁ほど稼いでいます。今からぐいぐい伸びそうです。*2020年9月3日時点

今回はブログに最適な文字数は一体どのくらいなのかについて詳しく解説していきます。

実際に、僕自身もブログの文字数に関して色々悩んでいたのですが、自分の中で答えを見つけてからは悩まなくなりました。

SEOに関してはブラックボックスなので、100%の保証はありません。あくまで参考的な結論としてみてください。

*相当ためになるコンテンツであることは間違い無いです。

ブログの最適な文字数は検索する読者に聞くと分かる

ブログの最適な文字数は検索する読者に聞くと分かる

結論から言うと、ブログに最適な文字数は検索ワードによって異なるということが言えます。

おにちゃん
おにちゃん

「どういうこと」ってなりますよね。

この点を詳しく解説していきます。

検索ワードの種類

検索ワードの種類 検索ボリューム
ビックワード 10000以上
ミドルワード 1000〜10000未満
スモールワード 0〜1000未満

ブログの文字数に関して言うと、

ビックワードになればなるほど、文字数が多くなり、スモールワードになればなるほど、文字数は少なくなるということです。

*例外もあります。

 

よくある質問・ブログの文字数を単純に増やせばいいの!?

→違います。

  • ビックワード=競合が多くて、SEO対策が難しい。だから、文字数を増やすという考え方ではなく、
  • ビックワード=検索ニーズが多様化していて、それらを網羅するために文字数が多いということです。

ビックワードだから文字数が多いではなく、ビックワードのニーズに応えるには相当数の文字が必要であると認識しよう。

 

検索ワードによるニーズって何!?

ここから具体例を出して考えていきます。

  1. ブログ
  2. ブログ 文字数
  3. ブログ 文字数 SEO

【ブログ】で検索してくる読者は、「ブログっ何」ていう人もいたり、「ブログの始め方」「おすすめのブログサイト」「ブログで稼ぐ方法」

など、物凄く幅広いニーズを持った読者が来ます。

【ブログ 文字数】と検索してくる読者は、「ブログ文字数の目安」「SEOに効果的な文字数」「文字数をカウントする方法」

など、ビックワードに比べてニーズの幅は狭まります。

【ブログ 文字数 SEO】と検索してくる読者は、ブログの文字数とSEOの関連性を知りたい。

ピンポイントのニーズなのです。

 

よくある質問と一緒です。

好きな食べ物は何!?
好きなお寿司は何!?
好きな貝は何!?

【食べ物】→【食べ物 お寿司】→【食べ物 お寿司 貝】

こんな感じでニーズは狭まるよねっていう話です。

 

検索ワードによる検索ニーズの変化を証明

ウーバーサジェストというツールを使って、検索ワードによる検索ニーズの変化を調べました。

サジェストツールとは関連ワード=検索ニーズを知ることができるツールです。

気になる方は以下の記事で解説していますので、参考にしてみてください。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)の正しい使い方【キーワード選定】
Ubersuggest(ウーバーサジェスト)の正しい使い方【キーワード選定】今回の記事では、Ubersuggest(ウーバーサジェスト)の正しい使い方についてご紹介していきます。内容的にはキーワード選定での使い方・一般的な使い方をどこよりも簡単に解説しています。...
キーワード 関連ワード
ブログ 300000個
ブログ 文字数 62個
ブログ 文字数 SEO 5個

ウーバーサジェストでの統計結果から見ても「検索ワードによって、ニーズ幅は異なる。」と言えるでしょう。

ここまでをまとめると、

  1. ビックワード:とんでもない数のニーズがある→文字数が多くなる
  2. ミドルワード:そこそこの数のニーズがある→文字数がそこそこある
  3. スモールワード:ちょっとのニーズがある→文字数は普通くらい

 

ブログ文字数に関する気づき

ブログ文字数に関する気づき

ブログの文字数について色々調査していたところ、ある気づきを得られました。

  1. 企業ブログの文字数が桁違い
  2. SEOではページ全体の文字数で換算される!?
  3. ブログにおいてただ文字数を増やすことに価値はない

1つ1つ解説していきます。

 

企業ブログの文字数が桁違い

企業がSEOにおいて有利なのは皆さんご存知の通りだと思います。

確かに信頼性などの担保によって上位表示されている可能性もありますが、それだけではなく、ちゃんと文字数が多かったです。

【SEO】で検索上位に表示される記事の平均文字数は何と22000字でした。

おにちゃん
おにちゃん

笑うしかありませんよね。

ただ、僕はこの時あることに気がつきました。

記事自体の文字数は少ない。

これはもしかして、、、、

 

SEOではページ全体の文字数で換算される!?

確証はありません。

がしかし、どう調べても、上位記事は20000文字いっていないのです。

そこで、僕はある仮説を立てました。

サイドバー含む、あらゆるテキスト情報を含めているのではないか。と

これに関しては、数値化することができませんので、何とも言えませんが、おそらく、関連記事一覧などでも検索ニーズを、含む記事がある場合、Googleは評価している可能性が高いです。

 

ブログにおいてただ文字数を増やすことに価値はない

ブログの文字数に関して、調べれば調べるほど、ただ、ブログの文字数を増やすことに価値は無いんだなと思いました。

検索上位取る記事は正直3つのパターンです。

  1. ゴリゴリのドメインパワー押し
  2. 既に権威性のある人物
  3. 検索ニーズを網羅している記事

初心者ブロガーの方はまず、③の検索ニーズを網羅している記事を書くべきです。

その中で、少しずつ権威性を出していければ尚よしです。

ブログで必要な権威性を作るための4つのテクニック|最後は専門家を目指す
ブログで必要な権威性を作るための4つのテクニック|最後は専門家を目指す『人間は権威性の前に屈する』怖い説明はここまで、ここからはブログ運営には必須の権威性を本質的に身につける方法。また、ブログ初心者でも簡単に権威性を生み出すためのテクニックを解説して行きます...

ここまで、ブログの文字数に関する弊サイトの考えをご紹介してきました。

ここからは、ブログの文字数に関して、よくある質問についてお答えしていきます!!

 

ブログの文字数に関するよくある質問

ブログの文字数に関するよくある質問

よくある質問をまとめました。ブログの文字数に関して質問がある方はTwitterでメッセージください。

Twitterアカウント

よくある質問集
  1. ブログに必要な文字数の目安
  2. 読みやすい文字数
  3. ブログの文字数をカウントする方法

1つ1つ解説していきます。

 

ブログに必要な文字数の目安

ブログに必要な文字数の目安は以下の通りです。

  1. ビックワード:10000文字
  2. ミドルワード:5000文字
  3. スモールワード:3000文字

*あくまで目安です。

文字数の目安よりも検索ニーズを満たすことに集中する方が大切です。

 

読みやすい文字数は!?

ある調査では1記事500〜600文字だそうです。

この数字はニュースメディアの場合です。

私たちのようなブロガーは基本的にこの数字は無理ですので、以下のような構成をとって、読者に休憩時間を与えましょう。

【見出し2】500文字
【見出し3】
【見出し3】
【見出し2】500文字
【見出し3】
【見出し3】

のブロックで記事を書いていくことをお勧めします。

 

ブログの文字数をカウントする方法

記事を調査するときにテキスト量って気になりますよね!?

そんな時はSEOラボさんが提供しているSEO文字数(テキスト量)評価チェックツールを使いましょう。

上記のツールを使うことでテキスト量をカウントする事ができます。

 

まとめ:ブログに必要な文字数の本質は検索ニーズにある

まとめ:ブログに必要な文字数の本質は検索ニーズにある

以上が【本質】ブログに最適な文字数は検索するユーザーに聞け【SEO対策】になりました。

おにちゃん
おにちゃん

最後までご覧くださりありがとうございました。

 

ABOUT ME
鬼澤龍平(20)
鬼澤龍平(20)
■弊サイト『おにちゃん塾』運営者です。年内に月間PV数20万目指しています。現在1万PV程度*7月時点
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です