大学生

大学生がFXを始める時におすすめの本10選|これだけで大丈夫だ!!

大学生がFXを始める時におすすめの本10選|これだけで大丈夫だ!!
ドラゴン
ドラゴン

皆さんこんにちは!!
おにちゃん塾運営者の
鬼澤龍平です。

>>>プロフィールはこちら

最近は大学生Twitter(@onityanzyku01)インフルエンサーとしても活動しています。

本記事の想定読者
  1. 投資を始めたい方
  2. 大学生×社会人の方
  3. FXのおすすめ本について知りたい方

〜読者のお悩み〜

FXを始めたいけど、どんな本を読めばいいか分からない。

→今回は、こういった読者のお悩みを解決していきます。

本記事の結論

これからFXを始めるという方は田畑昇人さんの「東大学院生が考えるスマートフォンFX」をおすすめします。

本記事では投資歴2年半の僕が、FXの超おすすめ本1選をご紹介させて頂きます。

本記事を読み終えると、FXの超おすすめ本1選を知ることが出来ます。

【結論】学生がFXを始めるのであれば、田畑昇人さんの著書をおすすめします

学生がFXを始めるのであれば、田畑さんの著書「東大院生が考えるスマートフォンFX」をおすすめします。*社会人+時間がない方にもおすすめです。

田畑さんの書籍をおすすめする理由は以下の通りです。

おすすめする理由
  1. 日本TV「深いい話」に出演する信頼性
  2. 軍資金50万円を9ヶ月で1000万円にした凄腕トレーダー
  3. なんと言っても説明の仕方が池上彰先生のように上手

私は彼の本でFXの全体像を把握しました。

FXは複雑な事象の絡み合いなので、専門書とかを先に読んでしまうと、躓いてしまう可能性が高いです。

ですので、僕は、FXについて専門用語を超分かりやすく説明してくれているこの本をおすすめします。

東大院生が考えた
スマートフォンFX

軍資金50万円を9ヶ月で1000万円にした凄腕トレーダー

5ヶ月後には元手の50万円を200万円にして、7ヶ月後には500万円近くにし、9ヶ月後には1000万円にしている凄腕トレーダーになります。

 

こうみるとサクセスストーリのように感じますが、実は違います。実は田畑さん最初はFXで失敗をしています。

この時はFXについて何も勉強をせず、パチンコ感覚で取引していたそうです。

 

そこからFXに関して数ヶ月研究し、自分なりの戦い方を身につけ、再挑戦したそうです。

結果は冒頭に記した通り、50万円を9ヶ月で1000万円にしたのです。彼は確かな理論で取引しています。その理論を知れるこの本は最強の本と言えるでしょう。

 

なんと言っても説明の仕方が池上彰先生のように上手

田畑さんは本当に説明が上手いです。その例として、今回はプロスペクト理論についてお話しさせていただきます。

プロスペクト理論:なぜFXトレーダーが損切りするのが遅くなってしまうのかを解説している理論になります。

プロスペクト理論

写真のように、50万円を損すると悲しみが一気に深まります。しかし、それ以降の悲しみは最初ほど増えない=損切りをズルズル先延ばしさせてしまうと説明しています。

田畑さんは具体的にサッカーの例を使ってプロスペクト理論の例を深掘りしてます。

プロスペクト理論:具体例

サッカーの試合で試合直後、試合が均衡している時に1点取られてしまうのと、5点差で負けていて敗北濃厚な試合終了間際にもう1点取られるのでは悲しみの度合いが違う。

めちゃくちゃ分かりやすいですよね。笑

このように田畑さんはFXの難しい概念を簡単な例を利用して、納得させてくれる文章術を持っています。

 

田畑昇人の「東大院生が考えたスマートフォンFX」を購入する

 

東大院生が考えた
スマートフォンFX

まとめ

まとめ
本記事のまとめ
  1. FX初心者におすすめの一冊
  2. FXの基礎知識を身につけられる
  3. FX初心者が中級者になれる
  4. FX初心者でも利益が得やすい局面を知ることができる

これからFXを始めるという方は田畑昇人さんの「東大学院生が考えるスマートフォンFX」をおすすめします。

東大院生が考えた
スマートフォンFX

ABOUT ME
アバター
鬼澤龍平(20)
■弊サイト『おにちゃん塾』運営者です。年内に月間PV数20万目指しています。現在1万PV程度*7月時点
大学生向けブログ開設サポート

ブログ開設プランを3000円で販売してます。

お問い合わせはこちら

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です