おにちゃん塾の商品一覧

【Mac編】PHP/Laravelの開発環境構築【ローカル環境を整える】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
本記事の想定読者
  • Laravelの開発環境を整えたい
  • Mac搭載のターミナルを活用してLaravelのローカル環境を準備したい

本記事では【Mac編】Laravelの開発環境を構築する方法について詳しく解説していきます。

本記事の内容

  1. Laravelの開発環境構築:ローカル環境編
  2. Laravelの開発環境構築:MAMP編

おにちゃん塾での人気記事

目次

Laravelの開発環境構築:ローカル環境編

Laravelの開発環境構築手順
Laravelの開発環境構築手順

Laravelの開発環境構築:ローカル環境編の手順は下記の通りです。

  1. Homebrewのインストール
  2. PHPのインストール
  3. Composerのインストール
  4. Laravelのインストール
  5. ローカル環境で確認

1つ1つのコマンドを解説していきます。


手順①Homebrewのインストール

Laravelの開発環境の手順①はHomebrewのインストールです。

Homebrewとは、Mac OS Xオペレーティングシステム上でソフトウェアの導入を単純化するパッケージ管理システムのひとつになります。

まずは下記のコマンドをターミナルに入力してください。

$ brew -v

上記のコマンドを入力すると、「Homebrew」のバージョンが表示されます。

表示されない場合は、インストールが済んでいないので、下記のコマンドを入力してください。

/bin/bash -c “$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)”

インストールが開始されますので、終了後にもう一度「brew -v」を入力してみてください。

おにちゃん

開発環境の手順①は終了です。


手順②PHPのインストール

Laravelの開発環境の手順②はPHPのインストールです。

$ brew search php
<-上記のコマンドを入力すると下記のような文字列が表示されます。->
==> Formulae
brew-php-switcher php-code-sniffer php@7.2 phplint phpmyadmin phpunit
php php-cs-fixer php@7.3 phpmd phpstan
==> Casks
homebrew/cask/eclipse-php

この画面になった後には、下記のコマンドを入力してPHPをインストールしていきましょう。

$ brew install php@7.3

おにちゃん

PHPのインストールには3分ほどかかりました。

$ php -v

PHPのバージョンを確認しましょう。

おにちゃん

開発環境の手順②は終了です。


手順③Composerのインストール

Laravelの開発環境の手順③はComposerのインストールです。

$ brew search composer
<-上記のコマンドを入力すると下記のように表示されます->
==> Formulae
composer

上記のように表示がされたら、コマンドを使ってcomposerをインストールしていきます。

$ brew install composer

インストール完了後には、下記のコマンドを使って、インストールを確認しましょう。

$ composer
<-下記のように表示されれば問題なし->
______
/ ____/___ ____ ___ ____ ____ ________ _____
/ / / __ \/ __ `__ \/ __ \/ __ \/ ___/ _ \/ ___/
/ /___/ /_/ / / / / / / /_/ / /_/ (__ ) __/ /
\____/\____/_/ /_/ /_/ .___/\____/____/\___/_/
/_/

おにちゃん

開発環境の手順③は終了です。


手順④Laravelのインストール

Laravelの開発環境の手順④はLaravelのインストールです。

$ composer create-project “laravel/laravel=6.*” onityanzyuku

これでLaravelのフォルダは作成されました。

$ echo ‘export PATH=”~/.composer/vendor/bin:$PATH”‘ >> ~/.bash_profile

最後にLaravelが設定されているかの確認をしましょう。

$ cd onityanzyuku
<-ファイルを移動しています。->
$ php artisan –version

おにちゃん

開発環境の手順④は終了です。


手順⑤ローカル環境で確認

Laravelの開発環境の手順⑤はローカル環境で確認です。

$ php artisan serve

これでローカル環境が整いました。

http://localhost:8000/とブラウザに入力してみてください。

上手く行かない場合は、TwitterのDMにて相談を受け付けます。


Laravelの開発環境構築:MAMP編

Laravelの開発環境構築:MAMP編
Laravelの開発環境構築:MAMP編

Laravelの開発環境構築:MAMP編の手順は下記の通りです

  • MAMPをインストールする
  • MAMPの初期設定

MAMPのバージョンによっては、本記事で紹介する画像通りではない場合があります。
変わっている部分などは臨機応変に対応してください


手順①MAMPをインストールする

まずはMAMPをホームページへといきます。

ホームページへと行き、【Free Download】をクリックします

Laravelの開発環境構築:MAMP編

色々表示されますが、macOSの方はこのマークのインストールボタンをクリックしましょう。

数分でインストールが完了しますので、その後ダウンロードファイルへ移動します

ダウンロードファイルのアイコンをダブルクリックしてください。

クリックすると、上記の画面になりますので、続けるをクリックし続けましょう。

インストールが完了した方はアプリケーションフォルダに行き下記のアプリアイコンがあるか確認してみてください。

おにちゃん

ここまででMAMPのインストールは完了です

  • 僕の記事通りインストールを行えばエラーなしでインストールができるはずです。
  • エラーが出てしまった場合はエラーコードをGoogle検索に貼り付ければ基本的に解決できます。


手順②MAMPの初期設定を完了させる

まずはMAMPのアプリケーションを開いてください。

  • Web Server:Apache、Nginx
    僕はApacheを使用していますが、最近はnginxがお勧め
  • PHPバージョンは:数字が大きいもの
    2021年時点ではv.8

この設定後は、Prefference<Portへ移動してください。

  • Apache:8888
  • nginx:8888
  • MySql:8889

この数字に変更しましょう。初期設定でこの数字になっていれば問題なしです

おにちゃん

初期設定は以上です


手順③MAMPでLaravelを準備する

まずはMAMPのhtdocsまでターミナルコマンドで移動します。

cd 人によって違う/Applications/MAMP/htdocs
おにちゃん塾の例)cd ../../Applications/MAMP/htdocs

htdocsファイルまでターミナルコマンドで移動できた方はLaravelファイルをコマンドで作成します

composer create-project “laravel/laravel=6.*” onityanzyuku
//ファイルを作成

cd onityanzyuku
//ファイル移動

次にすべきことはMAMPのServer設定変更です

この画面へと行き、chooseをクリックし、Applications/MAMP/htdocs/onityanzyuku/publicを選択しましょう。

選択ができると下記の画面のように表示されます。

この画面が表示された方はブラウザへと行き、【localhost:8888】と入力してください。

おにちゃん

上記のLaravelが表示されれば完了です

MAMPを使うメリット

  • MySQLと連携できる


まとめ:Laravelの開発環境構築手順

まとめ:Laravelの開発環境構築手順

まとめ:Laravelの開発環境構築手順

ここまでで【Mac編】PHP/Laravelの開発環境構築【ローカル環境を整える】』を解説してきました。


おすすめの記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる