ビジネス心理学

【仕事効率化】1日のスケジュールの立て方|失敗する人の共通点は〇〇です

【仕事効率化】1日のスケジュールの立て方|失敗する人の共通点は〇〇です
悩む男性
悩む男性

『1日のスケジュールの立て方が分からない』

→もう大丈夫。科学的に根拠のある1日のスケジュールの作成方法をご紹介しますので。

 

本記事の内容

  1. 1日のスケジュールの立て方
  2. 研究結果をご紹介
  3. スケジュールの立て方で失敗する人

本記事の信頼性

おにちゃん
おにちゃん

大学3年生で授業を行いながら、ブログ160記事以上&プログラミングの勉強などをこなしています。

スケジュールの立て方に関してはトップクラスです。

本記事を最後まで読むことで、人生の幸福度を上げるためのスケジュールの立て方を学ぶことが出来ます。

5分程度で読めますので、少しの時間お付き合いください。

1日のスケジュールの立て方

1日のスケジュールの立て方

結論から言うと、2時間単位でスケジュールを立てて行きます。

理由は、下記の章で紹介されている研究結果の通りです。

具体的な僕のスケジュールは下記の様な感じです。

  1. 8時〜10時:起床情報収集&情報発信
  2. 10時30分〜12時30分:ブログ記事作成
  3. 13時〜18時:授業
  4. 18時〜20時:情報発信に関わる事
  5. 20時〜22時:マーケティングの勉強
  6. 22時〜24時:プログラミング
  7. 〜1時:読書

こんな感じで設定しています。

なぜ、上記のスケジュールの立て方がおすすめなのかを具体的な研究結果を基に解説して行きます。

 

【研究】1日のスケジュールの立て方

【研究】1日のスケジュールの立て方

スケジュールの立て方に関する実験は多く行われています。

その中で今回は1日のスケジュールの立て方で最も幸福度が高い方法に関する研究を3つご紹介して行きます。

Amazonの倉庫係の方が対象
  1. 209人の研究結果
  2. 645人の研究結果
  3. 552人の研究結果

1つずつ解説して行きます。

 

209人の研究結果

下記の様なグループに分け、幸福度の高いグループを研究しました。

【共通事項】:多様な事に挑戦してみる

  • Aグループ:1日を使い色々な事に挑戦
  • Bグループ:1時間毎に色々な事に挑戦

結果は、Aグループの幸福度が高いデータが取れました。

A>B

研究から分かること

  • 1時間の制約を与えられたグループは自由なグループに比べて、幸福度が低い
  • 【仮定】1時間の制約は人間を不幸にするのでは!?

 

645人の研究結果

次の実験は下記のグループに分けて、幸福度を調査しました。

各時間に下記のグループがあります。

Aグループ:1つの事に集中
Bグループ:多様な事に挑戦

  • 10分
  • 30分
  • 1時間
  • 1日
  • 1週間
  • 1ヶ月

すると面白い結果が出ました。

10分&30分&1時間

Aグループ:1つの事に集中するグループの方が幸福度が高い。

1日&1週間&1ヶ月

Bグループ:多様な事に挑戦するグループの方が幸福度が高い。

 

今回の研究をまとめると下記の通りである。

  • 1時間を切る短い時間では、1つの物事に集中した方が幸福度が高い。
  • 1時間を超えると、多様な事に挑戦した方が幸福度が高い。

▲上記の実験は綺麗に分かれたみたいです。

 

552人の研究結果

続いての実験は下記のグループに分けて、幸福度だけではなく生産性なども調べました。

  • 1時間未満で色々な事をする
  • 1時間未満で1つの事をする

結果は、1時間未満で1つの事をするグループの方が幸福度だけではなく生産性も高いことが分かりました。

 

ここまでの3つの研究をまとめると、私達人間は下記の様なスケジュールの立て方をするべきなのです。

  1. 短期的な視点:1時間以上、1つの事に集中する
  2. 長期的な視点:多様な事に挑戦する

 

1日のスケジュールの立て方で失敗する人の特徴

1日のスケジュールの立て方で失敗する人の特徴

研究の結果から、1日のスケジュールの立て方で失敗してしまう方の特徴

1日のスケジュールを分単位で決める方です。

確かに、忙しい社長などであれば、上記の様なタスクでもこなさないといけません。

ですが、本記事を読んでいる読者は一般人のはずです。

おにちゃん
おにちゃん

大きな時間をまとめて取ることが出来る私達は分単位で作業することはやめて、大きくスケジュールを使って予定を立てて行くべきです。

 

具体的なスケジュールの立て方

具体的なスケジュールの立て方をご覧ください。

①会社の時間+睡眠の時間を書き出してください。

  • 会社の時間:8時間+a
  • 睡眠の時間:7時間

=残り時間9時間

 

②2時間程度の必須時間を引きます。
*必須:食事、お風呂など

=残り時間7時間

 

③残りの時間を3〜6等分してください。

  • 3等分:2時間程度
  • 6等分:1時間程度

注意点:1時間を下回らない様にする。

 

④自分が絶対にやりたいこと&時間があればやりたいことを整理

【絶対にやりたいこと】

  • ブログ1記事作成
  • プログラミング学習
  • 情報発信

【時間があればやりたいこと】

  • 映画
  • お出かけ

↑要は優先順位を付けていくのです。

後は、絶対にやりたいことを順番にスケジュールを立てて終わりです。

 

⑤僕はこの方法を使って下記のスケジュールを完成させています。

  1. 8時〜10時:起床情報収集&情報発信
  2. 10時30分〜12時30分:ブログ記事作成
  3. 13時〜18時:授業
  4. 18時〜20時:情報発信に関わる事
  5. 20時〜22時:マーケティングの勉強
  6. 22時〜24時:プログラミング
  7. 〜1時:読書
おにちゃん
おにちゃん

大学生の僕は絶対にやりたい事が6個ありますので12時間の時間を確保する必要がありました。

 

時間が無くてスケジュールが立てられない。

→言い訳せずに、時間は作りましょう。

僕は大学1年生の時、『時間が無くて挑戦できない』と言ってました。

時は流れ、大学3年生になった今では【飲み会】【友人との連絡】【女友達との連絡】を断ち切り、自分で時間を作りました。

YouTubeだって情報収集以外に使わなかったり、Googleの関連非表示にして、誘惑を断ち切ったりして時間を作っています。

あらゆる事を断ち切れば1日2時間は時間が出来るはずです。

▲作れないなら諦めましょう。

厳しい言い方ですが、これが現実です。m(_ _)m

 

スケジュールの立て方を学んだ後にすべきこと

スケジュールの立て方を学んだ方がすべきこと

ここまででスケジュールの立て方を解説してきました。

次にするべき事は本記事で得た知識を発信することです。

おにちゃん
おにちゃん

近年は情報にお金が集まる時代です。

是非、ブログ運営&SNS運用などで情報を発信してみましょう。

上記のノウハウは弊サイトに全て掲載していますので、ご覧ください。

今回は以上です。

 

本記事の元になっているツイート

役に立った方はTwitterでシェアしてくれると嬉しいです。

ABOUT ME
アバター
鬼澤龍平(20)
■弊サイト『おにちゃん塾』運営者です。年内に月間PV数20万目指しています。現在1万PV程度*7月時点
大学生向けブログ開設サポート

ブログ開設プランを3000円で販売してます。

お問い合わせはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です