Student

【人生初】大学生の僕が休学を選んだ理由と目指す未来【挑戦します】

【人生初】大学生の僕が休学を選んだ理由と目指す未来【挑戦します】
おにちゃん
おにちゃん

2021年4月から1年間休学することにしました。

そこで、本記事では大学生の僕が休学を選んだ理由と1年後の未来について詳しく解説してみます。

大学生の僕が休学を選んだ理由

大学生の僕が休学を選んだ理由

大学生の僕が休学を選んだ理由

大学生の僕が休学を選んだ理由は3つほどあります。

  • オンライン授業の継続
  • 技術力を高めたい
  • 今のうちに確かめたい

上記が大きな要因で、休学することにしました。

 

休学理由①オンラインの継続

大学の価値って一人一人違うと思うのですが、僕は下記のように思っています。

  • 地理的な環境
  • 教授との密なコミュニケーション
  • 友人たちとの他愛もない会話
  • 大卒の資格が手に入る

大卒以外の価値が享受できない。

加えて、後1年間オンライン授業は精神的にきついと思ったのが、大きな要因です。

結論:1年間やってみてオフラインほどの魅力を感じなかった

 

休学理由②技術力を高めたい

僕は2020年11月に本格的にWEBエンジニアを目指しました。

4ヶ月で得た技術力

  • HTML
  • CSS(Bootstrap)
  • Javascriptの基本(WEBサイトで使われる)
  • WordPress

この4ヶ月で比較的容易に習得できるWEBサイト制作の力は身に着けました。

また、2020年4月からブログ運営をしていたので「コンテンツ制作」「SEO対策」「SNS運用」などのスキルも身についています。

確かに、フロント側+WEBマーケ領域では格段に成長しました。

ただ、サービス開発には必要不可欠のバックエンド側の技術力が僕にはありません

おにちゃん
おにちゃん

PHPのLaravelを学習していますが、実務で使えるレベルではありません。

そのことを踏まえて、今年1年で下記の技術力を身に着けたいと思いました。

  • フロント側:React,Vue
  • バックエンド側Larabel
  • サーバー側:firebase,GCP

これらを使って簡単なサービスが開発出来るレベルになりたい。

『まとまった時間を使ってスキルを向上させたい』→休学することで1年間時間を作れる

 

休学理由③今のうちに確かめたい

個人的な意見ですが、次の経済覇権はアジア圏が握ると思っています。

中国、インドを中心に東南アジア諸国も物凄いスピードで成長しています。

2030年には東南アジアは更に存在感が増しているはずです。

おにちゃん
おにちゃん

そのことを考えると、今のうちにどんな国民性なのか、どんな暮らしをしているのかなどを色々な情報を今のうちに確かめたいと思っています。

東南アジアの成長スピードは異常→この目で確かめてみたい

1年間の休学で、コロナの安全が確保できるアジア圏に足を運ぼうと思っています。

 

大学生の僕が目指す1年後の未来

大学生の僕が目指す1年後の未来

大学生の僕が目指す1年後の未来

大学生の僕が目指す1年後はサービス開発を行う』『トップブロガーの座を奪うです。

 

未来①サービスを開発を行う

先ほど紹介した言語を活用したサービスを年内には公開したいと思っています。

  • ブロガー
  • エンジニア
  • 大学生

のどれかをターゲットにしたサービスを考案中です。

おにちゃん
おにちゃん

開発って難しいので、手伝ってくれる方などいましたら、ツイッターのDMで手伝えるよ~と教えてください。

 

未来②トップブロガーを目指す

これは前々から言っていた事なのですが、ぼくはブログジャンルのトップブロガーを目指しています。

  • ブログジャンル
    →最強の人達が集まっている

ここで勝つために、毎日更新を始めました。

おにちゃん
おにちゃん

できれば、1年間くらいは継続して発信してみようと思っています。

  • ブログジャンル
  • プログラミングジャンル
  • 大学生向けジャンル

上記を軸に発信していますので、気になる方は『おにちゃん塾』と検索してみてください。

 

大学生の僕が1年後どうなっているのか

大学生の僕が1年後どうなっているのか

大学生の僕が1年後どうなっているのか

個人的にはかなり成長していると思っています。

おにちゃん
おにちゃん

なぜなら2020年4月〜2021年3月までで過去の僕とは比べものにならないくらい成長しているからです。

今年一年で更なる成長を目指して頑張っていきます

 

応援してくれる方はリツイートしてくると嬉しいです。

ブログが多く見られる→サイトが評価される仕組みなので、是非ご協力をお願いします。

おにちゃん
おにちゃん

本記事は以上です。

ABOUT ME
アバター
鬼澤龍平(20)
Twitterにて役立つ情報を掲載しております。
関連記事