Webライターが意識すべきSEOライティング手法|発注者も必見

本記事はWebライター向けSEO対策の教科書として公開しました。

想定読者

現在、Webライターとして頑張っている方『Webライターとして収入を上げたい。そのためにSEO対策をマスターしたい』

このように考えるWebライターに向けて執筆しています。

本記事の内容

  1. キーワード選定
  2. 想定読者を固める
  3. 文章構成を作り込む
  4. 文章執筆
  5. タイトル作成

上記の順に、Webライターに求められる要素を詳しく解説していきます。

この記事は、Webライターとして月10万円→ブログ運営×SEOコンサルで生計を立てる大学生が執筆しています。

注意点:学びたい内容を深掘りできるように、別記事にして詳しく解説しています。詳細が気になる場合は深掘り記事をご覧ください。

注意点:本記事は月3万円以上の方向け

本記事は、月3万円稼いでいるWebライターが月5万円稼ぐために必要な知識を提供しています

まだ、月3万円を稼いでいない方は下記の記事を最初にご覧ください。

記事の内容

サイト運営者

ブログアイコン例:おにちゃん
おにちゃん(22歳)
@onityanzyuku01

大学4年|経済学部(現在休学中)

おにちゃん塾を3年ほど運営しております。副業、フリーランス、独立までの情報を網羅していく予定です。

【Webライター向け】僕が意識しているSEOライティング

僕が意識しているSEOライティングで、記事を完成させるまでの流れはこんな感じです。

  1. キーワード調査
  2. キーワードから想定読者を洗い出す
  3. 文章構成を作成する
  4. 文章を執筆する(用途を分ける)
  5. タイトルを作成する

1つずつ詳しく説明していきます。


キーワード調査(基本不要)

Webライターするべき1つ目のSEO対策は「キーワード調査から精査」です。(ここは発注者がする部分なので不要なのですが、覚えておくと発注者の考えが学べるので、一応覚えておきましょう。)

キーワード調査は下記4つの手順でおこないます。

  1. キーワード候補を探す
  2. キーワードのニーズ調査
  3. キーワードを順位形式に並べ替える

1.どういったキーワードで上位表示を狙うかを決めます。使う手段としては「ジャンルから考える」「Twitterでの発信」「ライバルサイト」の3つを活用しましょう。

2.狙ったキーワードが月にどれくらい検索されているのか、大体の検索ボリュームを把握していきましょう。

3.キーワードを検索ボリューム順に並べ替えます。良いキーワードの特徴は、競合が弱く、収益化可能かつアクセスが多いといった特徴があります。

おにちゃん

この流れに加えて、キーワード選定を活かしたコンテンツ制作やSEO対策でやるべきことをまとめました。

ロングテールキーワードを学ぶ

ロングテールキーワードとは:「webライター SEO」のような複数のキーワードを組み合わせた形のことです。

ロングテールキーワードとは検索ボリューム数は低いが、購買意欲の高い人が検索するキーワードです。例えば、〇〇評判、口コミ、おすすめ、などです。

おにちゃん

競合が少ない上にターゲットが絞れる、成約率も高い、拡散性も高いなど非常に優れているのがロングテールキーワードの特徴です。

ロングテールキーワードを選ぶにあたり、キーワードプランナーを利用するのがおすすめです。有料でも良いのであれば、ウーバーサジェスト(無料キーワード提案ツール UbersuggestでSEO対策 (neilpatel.com))が使いやすいでしょう。


キーワードから想定読者を洗い出す

WebライターのSEO対策二つ目の施策は「想定読者の洗い出し」です。

キーワードを決める際、キーワードから想定読者を洗いだすことも大切です。

そもそも、記事は読者ありきで成り立っています。検索する人は何かしらの意図があって検索しています。

そのキーワードを検索する傾向は男性なのか?年齢層はどのくらいか?職業は何か?というように、想定読者を洗い出しましょう。

おにちゃん

決めた後は想定読者に向けて、記事を執筆することになります。


文章構成を作成する

WebライターがするべきSEO対策三つ目は「文章構成を作成する」ことです。

キーワードを決めたら、次に構成を作成していきましょう。文章構成を作る流れはこんな感じです。

  1. 手順1:他者分析
  2. 手順2:読者の明確化
  3. 手順3:目次=文章構成を作成する

1つずつ見ていきましょう。


手順1:競合分析

まずは競合分析をしましょう。

例えば、「webライター SEO」のキーワードで記事を作成する場合、競合はどういった記事を作成しているのか調べます。

企業サイトを見ても時間だけがなくなるので、上位表示されている個人ブログを参考にすることをおすすめします。

  1. 目次
  2. タイトル
  3. ディスクリプション

この辺りをしっかり分析していきましょう。

手順2:読者の明確化

読者の明確化で参考になるのが、競合分析した際の記事です。

例えば、上位表示されているブログで良く使われている見出しは、読者にとってニーズがあるということです。

読者はどういった悩みがあって検索しているのか、分かりやすくなるでしょう。

それに加えて、ペルソナ設定をすることも大切です。

ペルソナとは:誰に向けて記事を書くのか明確化することです。

明確化することで、メッセージ性のある“心に響きやすい”記事を作成しやすくなります。

手順3:目次=文章構成を作成する

目次作成のコツとしては、まずは上位サイトの目次をそのまま抜きとります。

それだと独自性に欠けるため、上位サイトで使われていない目次も付け加えましょう。

独自性を出すコツとしては、「自分の体験を盛り込む」ことです。

自分のオリジナル要素を付け加えることで、他と明確な違いができ、独自性がある目次になるでしょう。


文章を執筆する(用途を分ける)

文章を執筆するとき、用途によって書き方を分けることが大切です。

  1. 通常の場合の文章の書き方
  2. アフィリエイトの場合の書き方
  3. セールスの場合の書き方

1つずつ見ていきましょう。


通常の場合の文章の書き方

通常の場合の文章の書き方として、重要なのは下記の3つです。

  1. 共起語を意識する
  2. 価値情報の明確化
  3. 新たな価値を提供する

共起語とは、キーワードとよく一緒に使われる単語を指します。

おにちゃん

共起語はラッコキーワード(ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版)) (related-keywords.com)で簡単に調べられるので、ぜひ利用してみてください。

また、どういった価値を読者に与えられるのか、価値情報を明確化することも大切です。

それに加えて、記事の最後に新たな問題を提起し、内部リンクを貼ると高い確率で推移してくれます。

SEO的にも評価が高くなりやすい=上位表示されやすくなります。


アフィリエイトの場合の書き方

アフィリエイトで一番大事なのは完璧な骨格を作成することです。

完璧な骨格を作成するだけで自然に商品が売れていくようになります。

具体的には下記の手順です。

  1. キーワード設計
  2. 想定読者設計
  3. 購買設計
  4. 記事構成
  5. 文章執筆

アフィリエイトの最終目的は読者に商品を購入してもらうことです。

おにちゃん

よって、読者の悩みに対する解決策を提示し、最終的に商品を紹介しましょう。


セールスの場合の書き方

セールスライティングとは:消費者に商品やサービスを「購入したい」と思ってもらえるような、魅力的な文章を書く技術のことです。

セールスライティングの書き方として、重視したいポイントは下記のようになります。

  • 読み手の興味を理解する
  • 理想と現実のギャップを利用する
  • 悩みを理解してあげる
  • 大事なことは何度も形を変えて繰り返す
  • 話口調で書く

セールスライティングは簡単に身につくものではないため、本を購入して勉強するのも良いでしょう。


タイトルを作成する

ブログ記事タイトルの決め方で重要なポイントは下記の7つです。

  1. 数字を使って説得力を与える
  2. 有益性をアピール
  3. ターゲットを明確に
  4. 自分ごと化させる
  5. まとめ戦略で攻める
  6. 文字数は34文字以内に
  7. ロングテールキーワードを組み込む

ブログ記事タイトルはSEO面でプラスになりますし、タイトルが魅力的だとクリックされやすくなります。

おにちゃん

読者が最初に目にするものでもあるため、タイトルは非常に重大な役割を持っているのです。


【発注者向け】SEOライターの雇い方

ここからは発注者向けです。

優秀なWebライター(SEO対策ができる)を雇いたい。そんな方は是非ご覧ください。

自社サイトで募集する

Webライター(SEO対策ができる)を雇う際に1番おすすめなのは、自分が運営するサイトで募集することです。

なぜなら、自社サイト募集で応募をしてくるライターはあなたが運営するサイトのファンだから。

  1. 読者があなたのサイトを見る
  2. 読者はあなたのサイトを好きになる
  3. 読者があなたのサイトで求人をしていることを知り応募する

このような流れで応募してくるので、あなたのサイトの書き方や思想などを理解しているので無駄なコミュニケーションが発生しません。

とはいえ、自社サイト募集はかなり難しい

当たり前ですが、この方法が1番難しいです。

  • サイトブランドがある
  • アクセス数が多い
  • 独特である

上記のように色々な要因が噛み合わないと、応募はされません。

長期的には良いかもですが、短期的には無理ゲーです。


クラウドソーシングに外注

Webライター(SEO対策ができる)を集めたいならこの方法が1番簡単です。

おすすめのクラウドソーシング

上記のサービスを使いこなして、優秀なWebライターを雇ってみてください。

詳しい外注方法は下記の記事をご覧ください。


おにちゃん塾運営者にディレクションを任せる

  • 自社サイトでの募集
  • クラウドソーシングでの募集

上記が面倒な方はおにちゃん塾に依頼してください。

  • 月3万円:月15記事のディレクション
  • 月5万円:月50記事のディレクション
  • 月15万円:月100記事のディレクション

このプランでよければ、ご対応いたします。

おにちゃん

詳しく聞きたい方はお問い合わせからご連絡ください。3日ほど返信します。


まとめ:Webライター時代のSEOライティング手法を赤裸々に公開しました

ここまででWebライター向けSEO対策は終了です。

本格的に学びたい方は、自分のブログを持つことをおすすめします。

おにちゃん

ブログ運営は難易度が高めですが、Webライターとして収益を上げるためには必須なので、必ず準備しておきましょう。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
記事の内容
閉じる