ブログ

WordPressでお問い合わせフォームを設置する方法【自作とプラグイン紹介】

WordPressでお問い合わせフォームを設置する方法【自作とプラグイン紹介】

WordPressでお問い合わせフォームを設置していません。→損しているかもしれません

お問い合わせを上手く活用することで収益を高めることができます。

おにちゃん
おにちゃん

おにちゃん塾でも月に数件の依頼が来たりしています。

 

本記事の内容

  • WordPressブログでお問い合わせフォームを設置すべき理由
  • プラグインでお問い合わせフォームを設置する方法
  • 自作でお問い合わせフォームを設置する方法
  • お問い合わせフォームはどこに設置すべきか

結論から言うと、WordPressブログではプラグインのContact Formを導入するか、自作でGoogleフォームを導入するかのどちらかです

おにちゃん
おにちゃん

個人的にはGoogleフォームをおすすめしていますが、WordPressブロガーのほとんどがプラグインを導入しています。

そのため、本記事ではプラグインを軸に解説していきます。

下記は弊ブログ(おにちゃん塾)のお問い合わせフォームで、毎月3件~5件ほど、ライター案件などのお問い合わせが来たりしています。

お問い合わせページ(受付中)読み込んでいます…...

お問い合わせフォームは、超簡単に導入可能なので、本記事の作り方通り導入してみてください。

WordPressブログでお問い合わせフォームを設置すべき理由

WordPressブログでお問い合わせフォームを設置すべき理由

WordPressブログでお問い合わせフォームを設置すべき理由

今すぐ、WordPressブログでお問い合わせフォームを実装したい方は読み飛ばしてください。

 

お問い合わせの用途

弊ブログ(おにちゃん塾)を運営して1年ほどなのですが、お問い合わせがそこそこ来ています。

内容で多いのは

  • 広告掲載の依頼
  • メディアの取材
  • 読者の取材
  • ライター依頼

おにちゃん塾ではライター案件が多いです。

おにちゃん
おにちゃん

こんな感じでお問い合わせフォームを設置しているだけで、思わぬ収益源を確保することができるのです。

 

メールアドレスの危険性

お問い合わせフォームを設置せずにメールアドレスだけを公開していると、スパムメールがたくさん届いてしまいます。

しかし、お問い合わせフォームを設置していれば、その点を防ぐことができます。

なぜなら、メールアドレスを隠すことができるから。

おにちゃん
おにちゃん

本記事で紹介するお問い合わせフォームではスパム機能も実装されています。

 

【プラグイン編】WordPressブログのお問い合わせフォームの作り方

【プラグイン編】WordPressブログのお問い合わせフォームの作り方

【プラグイン編】WordPressブログのお問い合わせフォームの作り方

WordPressブログでお問い合わせフォームをプラグインで導入する方法を紹介していきます。

おにちゃん
おにちゃん

今回は、プラグインの中でも実績のあるcontact form7を紹介していきます。

 

手順①プラグインをインストール

お問い合わせフォーム:contactform7

WordPressのプラグイン新規追加へ進み、contact form7と入力してください。

おにちゃん
おにちゃん

contact form7が表示されたら、今すぐインストールボタンをクリックしてください。

インストールが完了した方は『有効化』を入力しましょう。

 

手順②お問い合わせフォームをカスタマイズ

お問い合わせフォームを導入できた方はインストール済みプラグインへ行き、contact form7設定をクリックしてください。

contact form7の初期状態では下記の設定がなされています。

  1. 氏名
  2. メールアドレス
  3. 題名
  4. メッセージ本文

正直、この4つだけで充分です。

これより多くしてしまうと、問い合わせがしづらくなるので、4つくらいがベストです。

おにちゃん
おにちゃん

contact form7で設定できるメール、メッセージ、その他設定に関しては、初期設定のままで大丈夫です。

 

手順③お問い合わせフォームを設置する

最後に、お問い合わせフォームの設置方法について解説していきます。

注意点:手順②で変更した場合は保存をクリックしておきましょう。

お問い合わせフォームを導入するには、contact form7のショートコードをコピーする必要があります。

上記の写真のように、青色背景で記述されているコードをコピーして、記事に貼り付けるだけです。

ポイント:contact form7を導入する際は、記事ではなく、固定ページで導入するようにしましょう。

WordPressから固定ページ→新規追加をクリックしましょう。

プレビューで確認してみましょう。

ここまでを終えた方はテスト送信をしましょう。

実際に自分の手元にメールが届けば導入完了です。

 

お問い合わせフォームはどこに設置すべきなのか

お問い合わせフォームはどこに設置すべきなのか

お問い合わせフォームはどこに設置すべきか

お問い合わせの導入が完了した方は次にお問い合わせフォームを設置すべき場所について学んでいきましょう。

 

ナビゲーションが定番です

上のところにある場所です。

お問い合わせフォームの設置場所として1番人気があるところです。

迷った方はここに設置しておけば問題なしです。

 

サイドバー&フッター

サイドバー&フッターも人気の設置場所ですね。

おにちゃん塾ではサイドバーに設置しています。

あまり、お問い合わせを目的としていないブログであればサイドバーやフッターでもいいかもしれません。

 

まとめ:お問い合わせフォームは中々使える

まとめ:お問い合わせフォームは中々使える

まとめ:お問い合わせフォームはなかなか使える

ここまででWordPressでお問い合わせフォームを設置する方法【自作とプラグイン紹介】について解説してきました。

本記事のまとめ
  • WordPressブログでお問い合わせフォームは必ず導入すべき
  • WordPressブログでのお問い合わせフォームの作り方はプラグインor Googleフォーム
  • お問い合わせフォームを設置すべき場所はナビゲーションとサイドバーやフッター
おにちゃん
おにちゃん

本記事は以上です。

 

読者におすすめの記事

WordPressのおすすめプラグイン7つ【おにちゃん塾推奨】『WordPressブログでデザインを整えたい』と誰でも思いますよね。 今回は、上記のような方向けに記事を作成しています。...
WordPressの初期設定を超簡単にわかりやすく解説する!!WordPressの初期設定をどこよりも簡単に解説しています。...
【準備中】オリジナルのWordPress自作テーマをゼロから作る方法
【準備中】オリジナルのWordPress自作テーマをゼロから作る方法WordPress自作テーマの作り方を詳しく解説しております。...
ABOUT ME
アバター
鬼澤龍平(20)
Twitterにて役立つ情報を掲載しております。
関連記事