おにちゃん塾運営者に関する情報

文章力がない社会人がこのコツを知ると、、超簡単なトレーニングを伝授

文章力がない社会人がこのコツを知ると、、超簡単なトレーニングを伝授
想定読者

文章力がない社会人「社会人で文章力がないとどうなるのか。何かトレーニング方法を教えて欲しい」

本記事は上記の方に向けて執筆しています。

本記事の内容

  1. 文章力がない社会人はどうなってしまうのか
  2. 文章力がない社会人=頭が悪いのか
  3. 文章力がない社会人が絶対に取り入れるべきトレーニング方法

この記事を執筆している僕は文章でお金を稼いでいます。文章を仕事にしてから2,3年ほど経つので、文章力にはかなり自信があります。

本記事は、文章力がない社会人の方に役立つノウハウ記事になっています。ぜひ最後までご覧ください。

記事の内容

サイト運営者

ブログアイコン例:おにちゃん
おにちゃん(22歳)
@onityanzyuku01

大学4年|経済学部(現在休学中)

おにちゃん塾を3年ほど運営しております。副業、フリーランス、独立までの情報を網羅していく予定です。

文章力がない社会人はどうなるのか、、

文章力は社会人の基本と言ってもいいスキルです。

在宅勤務の普及によって、以前よりも文字を通じたコミュニケーションを取る習慣が多くなりました。

そのような時代に文章力がないとどのなるのか。皆さんはご存知でしょうか。


文章力がないと頭が悪いと思われる

文章力がない社会人は頭が悪いと思われます。

稚拙で読みにくい文章は読み手が受け取る印象を悪化させます。

実際に、取引先とやりとりする場合、会っていない段階から文章力によっては悪いイメージを与えてしまいます。

語彙力の無さや分かりにくい表現だと「デキない人」と位置づけられ、シンプルで的確な文章を書く取引先へ切り換えられてしまうかもしれません。

反対に文章スキルが高ければ、面識が無くても聡明な人と印象付けられるはずです。

おにちゃん

以上のように、文章は頭の良し悪しをイメージ付ける重要な要素であり、文章力がないだけで大きな損をしてしまうのです。


文章力がないと仕事の効率が悪い

文章力がない社会人は仕事の効率も悪いです。

  • 必要以上に文章が長い
  • 結論が先にきていない

上記の文章は、読み手に必要以上の労力を使わせてしまいます。

結果、1分で済む業務も、伝達が悪いがために10分以上掛かってしまう場合もあります。

おにちゃん

僕はよく、クラウドワークスで仕事を外注しているのですが、文章力がない取引先はコミュニケーションコストが高いので、取引を停止しています。

文章スキルの中には構成力・語彙力・表現力などがありますが、この中で、特に重要なのは構成力です。
文章力がない社会人は一概にして構成力が低いです。

一方で、シンプルでわかりやすい文章で仕上げる人は「PREP法」と呼ばれる構成で書いているのが一般的。

  1. 「Point(結論)」
  2. 「Reason(理由)」
  3. 「Example(具体例)」
  4. 「Point(結論)」

忙しいビジネスマンにとって結論をはじめにつけるのは大切です。

おにちゃん

仕事効率の悪さで悩んでいる人は、まず結論を最初に配置する意識付けをしていきましょう。


文章力がないと収入が上がらない

文章力が低い社会人は収入が上がらない傾向にあります。

文章力は年収に直結するほど重要なスキルであり、えてして高収入のビジネスマンは文章力が高いです。
おそらく、物事を端的に発信するスキルに長けており、誰もが「一緒に仕事をしたい」と思える魅力が伝わるからでしょう。

近年、仕事は対面よりも文章を通じてコミュニケーションを取るのが大半です。
そのような時代だからこそ、良好な意思疎通を取れる人は市場価値が高いのです。

文章スキルを上げていくと年収が上がっていきます。

おにちゃん

仕事の幅が広がり、中には文章スキルを活かしてWebライターやブロガーに転向する方もいるくらいです。

収入が上がらないと嘆く人は、まず文章力を磨いてみるのはいかがでしょうか。
文章を正しく書けない方が大半だからこそ、文章力を磨くべきなのです。(ライバル達と差別化ができる)


主観的な意見:文章力がない社会人=頭が悪いではない

文章力がない社会人=頭が悪いというわけではありません。
偏差値や学力が低いからといって、魅力的な文章を書けないわけではないです。

おにちゃん

実際、現在活躍しているWebライターの中には高卒や三流大学卒の方も大勢います。

文章力は後天的に身に付けられるスキルであり、一般的に偏差値や学力と相関関係がありません。
なぜならば、文章力は基礎を学んで数をこなせば、いくらでも上達するスキルだからです。

前述のPREP法を含めて、文章にはいくつかの「型」が存在します。
型を学習してトレーニングを積んでいけば、自然と文章力は上がっていくのです。

文章力がない=頭が悪いわけではない


文章力がない社会人がやるべきトレーニング

ここからは文章力がない社会人がやるべきトレーニングを解説していきます。

基本的には費用を掛けずに鍛錬できる内容です。
隙間時間を活用して、実践してみてください。


メールの読み返し

社会人になると、メッセージでのコミュニケーションが増えるはずです。

フリーランスの僕ですら、毎日のようにメッセージ(メールなど)でやり取りを行っています。

実は、ここに文章力を学ぶチャンスが眠っています。

  • 間違えている表現
  • 色々な表現ができる文章
  • 相手から来た知らない表現

こんな感じで、メールには沢山の学びが詰まっています。

具体的に、以前の実体験なのですが、クライアントから「お勉強させてください」とメッセージが送られてきました。僕は勉強をそのまま解釈して恥をかいた経験があります。

勉強=お値引きさせてください。という意味

おにちゃん

メールを読み返すと色々な学びがあるので、ぜひ活用してみてください。
もう一つ僕が学んだ「することができる」もぜひご覧ください。
関連記事:「することができる」は駄目な表現?言い換え表現や例文も紹介【英語・韓国語】


要約の勉強

文章力を鍛えるには要約の勉強をするのがおすすめです。

要約とは:並べられた文章の中で「何を言いたいのか」をシンプルにまとめる作業。

本質を知るための重要なスキルであり、社会人が良好なコミュニケーションを取る際に欠かせません。
例えば、新聞や映画のシナリオを文章にしてみると良いでしょう。

構成を起承転結で仕上げ、自分なりの言葉で誰かに話せると更に効果が高いです。

おにちゃん

まずは文章を端的にまとめ、分かりやすい表現で伝えるスキルを磨いていきましょう。


ブログの執筆

文章力を鍛えるトレーニングとしてブログ執筆もおすすめです。

ブログ執筆では、文章力を実践の中で鍛えられます。

おにちゃん

読者という審査員がいるおかげで、執筆記事が魅力的かハッキリ分かるのもおすすめしているポイントです。

良質な記事であればPV数(ページが開かれた回数)やリピーターが自然に増えていきます。
反対に、文章力が伴っていないと、いつまでもブログは読まれません。

ブログは導入コストがサーバー開設費用のみ、かつ設定は初心者でも簡単です。
ブログ執筆は文章力アップにおける最高のトレーニングであるため、是非ブログ開設にチャレンジしてみましょう。


文章力がない社会人の方は読書習慣をつけよう

文章力がない社会人は読書習慣をつけるのが良いでしょう。
読書は語彙力を増やせるのに加え、前述した構成力も鍛えられます。

上記2点のスキルがあれば文章を素早く正確に書け、他人から一目置かれるはずです。とくに現在の日本は読書数が圧倒的に少ないのも事実。

1ヵ月の読書数0.5冊は世界と比べても低い数字でしょう。
※毎日新聞社「2020年 読書世論調査」による

そのため、質を高めた読書を継続するだけで、一般的なビジネスマンと差を付けられるのです。

普段、読書習慣が無い人にとって、読書はハードルが高いかもしれません。
まずは好きなジャンルの本を購入し、気になる見出しだけ読む習慣からつけていきましょう。

徐々に、本を読むリズムが身に付き、読書の質が上がっていきます。

おにちゃん

僕がおすすめする文章力の本が気になる方は下記の記事をご覧ください。


まとめ:文章力がない社会人から脱却しよう

ここまでで文章力がない社会人を脱去する方法の解説は以上です。

文章力がない社会人がするべきこと
  1. メールの読み返し
  2. 要約する
  3. ブログを始める
おにちゃん

本記事は以上です。文章力がない人でもコツコツ頑張ることで少しずつ成長できます。ぜひ本記事を参考にしつつ文章力を向上させてみてください。


\ おにちゃん塾に清き一票を /

おにちゃん塾はランキングサイトに登録しています。

役立ったと言う方はこちらのバナーをクリックしてください。
クリックするだけで、僕の順位が上がります(๑>◡<๑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
URLをコピーする
URLをコピーしました!
記事の内容
閉じる