おにちゃん塾運営者に関する情報

【2022年版】Webブラウザの市場シェア率

【2022年版】Webブラウザの市場シェア率
おにちゃん

本記事では、【2022年版】Webブラウザの市場シェア率について徹底解説しています。

記事の内容

サイト運営者

ブログアイコン例:おにちゃん
おにちゃん(22歳)
@onityanzyuku01

大学4年|経済学部(現在休学中)

おにちゃん塾を3年ほど運営しております。副業、フリーランス、独立までの情報を網羅していく予定です。

日本のブラウザシェア率

日本のブラウザシェア率
日本のブラウザシェア率

参考:https://gs.statcounter.com/browser-market-share/all/japan

Google Chrome50.21%
Safari27.11%
Edge12.9%
Firefox4.78%
IE1.53%
Samsung Internet1.08%
日本のブラウザシェア率

モバイルとデスクトップの割合で行くと、日本においてChromeがNo1のシェアを持っています。


モバイルのブラウザシェア率

モバイルのブラウザシェア率

参考:https://gs.statcounter.com/browser-market-share/mobile/japan

Safari59.65%
Chrome34.29%
Samsung Internet2.85%
Firefox0.92%
Android0.83%
UC Browser0.66%
モバイルのブラウザシェア率

モバイルデバイスの場合だと、SafariがNo1のシェアを持っています。


タブレットのブラウザシェア率

タブレットのブラウザシェア率
タブレットのブラウザシェア率

参考:https://gs.statcounter.com/browser-market-share/tablet/japan

Safari50.18%
Chrome33.4%
Android14.89%
Opera0.65%
Edge0.33%
Firefox0.19%
タブレットのブラウザシェア率

タブレットデバイスに関しても、先ほどと同じようにSafariがNo.1です。

また、タブレットになるとAndroidのブラウザがシェア率を伸ばしています。


デスクトップ・PCのブラウザシェア率

参考:https://gs.statcounter.com/browser-market-share/tablet/japan

Chrome61.11%
Edge21.47%
Firefox7.44%
Safari5.66%
IE2.56%
Opera0.73%
デスクトップ・PCのブラウザシェア率

デスクトップの場合だと、Chromeが圧倒的にNo1です。


【2022年版】ブラウザ毎のシェア率

ここからは、【2022年版】ブラウザ毎のシェア率を紹介していきます

  1. Google Chromeのシェア率
  2. Safariのシェア率
  3. Mozilla Firefoxのシェア率
  4. Internet Explorerのシェア率
  5. Microsoft Edgeのシェア率


Google Chromeのシェア率

Google Chromeのシェア率
Google Chromeのシェア率

Google Chromeは、Googleが開発しているブラウザです。

Google Chromeに関する情報や統計

  1. Google Chromeでは最先端技術を活用されており、セキュリティが高く、高速で使いやすい
  2. Google Chromeブラウザの利用者は世界中で30億人以上もいる
  3. Google Chromeは2019年時点で、50億回以上のダウンロードされているアプリ
  4. Google Chromeでは、セキュリティ対策として危険性の高いサイトを警告するセールブラウジングを搭載されている

参考:GoogleGoogle ChromeHERADO

おにちゃん

個人情報の観点などが問題視されているブラウザですが、パフォーマンスの高さと常に進化し続けている点が利用者に好まれている要因だと私は考えています。


Safariのシェア率

Safariのシェア率
Safariのシェア率

SaferiはAppleが開発しているブラウザです。

Safariに関する情報や統計

  1. Safarは他のブラウザよりもストリーミングが長い
  2. Safarは他のブラウザよりも30分ほど長くネットサーフィンができる
  3. Safarはデスクトップブラウザで最も早く読み込める
  4. Safariはモバイル・タブレットの王者として君臨しています。日本市場においてモバイル・タブレットはアップル製品が高い人気があるため、このような結果になっていると考えられている。
  5. Safariでは、プライバシーに関する内容が充実しています。Safariの競合であるChromeは個人情報を活用して収益化したいと考えているため、プライバシーの観点ではSafariが優れている
  6. Safariは運営元がAppleであるため、Apple製品との連携がしやすい

参考:SafariAppleプライバシー


Mozilla Firefoxのシェア率

Mozilla Firefoxのシェア率
Mozilla Firefoxのシェア率

Mozilla Firefoxは、Mozilla Foundationと傘下のMozilla Corporationが開発を行うブラウザです。

Mozilla Firefoxに関する情報や統計

  1. Mozilla Firefoxはモバイル・デバイスにおいて苦戦を強いられている
  2. シェア率の高かったデスクトップ・PCでもGoogle ChromeとMicrosoft Edgeに大きくシェアを奪われる結果となった
  3. Mozilla Firefox非営利組織によって開発が行われている

参考:Wikipedia


Internet Explorerのシェア率

Internet Explorerのシェア率

InternetExplorerはMicrosoftが運営していたブラウザです。

InternetExplorerに関する情報や統計

  1. 2000年代初期には圧倒的なシェア率で市場を独占していた
  2. 2022年6月15日を持ってサポートを終了することを発表しているブラウザ
  3. InternetExplorerは独自の仕様に加えて、セキュリティ問題を抱えていたため、シェア率を大きく落としてしまう形になった
  4. InternetExplorerではW3Cに準拠していなかったことに加えて、バグが頻繁に起こっていた
  5. 日本では、銀行系や政府系においてIE依存しているため、急速な対応が求められる

参考:メンタレadjuster


Microsoft Edgeのシェア率

Microsoft Edgeのシェア率
Microsoft Edgeのシェア率

Microsoft EdgeはMicrosoftが開発しているブラウザです。

Microsoft Edgeに関する情報や統計

  1. MicrosoftInternetExplorerの後継となるブラウザ
  2. 日本のデスクトップシェア率において、Google Chromeの次の2位に位置している
  3. Webノート機能が搭載されており、保存や共有が簡単
  4. 読み取りビュー機能やリーディング機能が実装されているため、記事を読むことに専念したい方に向いているブラウザ

参考:All About.NET Column


まとめ

ここまでで「【2022年版】Webブラウザの市場シェア率」の解説は以上です。

おにちゃん

本記事は以上です。
最後までご覧くださりありがとうございました。


\ おにちゃん塾に清き一票を /

おにちゃん塾はランキングサイトに登録しています。

役立ったと言う方はこちらのバナーをクリックしてください。
クリックするだけで、僕の順位が上がります(๑>◡<๑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
URLをコピーする
URLをコピーしました!
記事の内容
閉じる