おにちゃん塾運営者に関する情報

文章力とは何かを深掘り|特徴や頭の良さとの関係性も紹介

文章力とは何かを深掘り|特徴や頭の良さとの関係性も紹介
想定読者

文章力に興味がある方「文章力とは何なのか。文章力がある人の特徴や頭の良さとの関係を詳しく知りたい。」

本記事は上記の方に向けて執筆しています。

本記事の内容

  1. 文章力とは何なのか
  2. 文章力がある人と頭の良さの関係性
  3. 文章力がある人が持つ重要な特徴

この記事は、文章でお金を稼ぐ(ブログ+Webライター)僕が執筆しています。文章を仕事にしてから3年ほどするので、かなり説得力があるはずです。

文章力に興味がある方にはかなり学びのある記事になっています。3分程度で読み終わる内容になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

記事の内容

サイト運営者

ブログアイコン例:おにちゃん
おにちゃん(22歳)
@onityanzyuku01

大学4年|経済学部(現在休学中)

おにちゃん塾を3年ほど運営しております。副業、フリーランス、独立までの情報を網羅していく予定です。

文章力とは「読み手に合わせて、伝わりやすい文章」を書く力

文章力の解釈はかなり難しいです。

ビジネスで活用する際には、論理的かつわかりやすいものが求められます。一方、小説で求められる文章力はビジネスとは異なります。

このように、文章力と言っても解釈の仕方がそれぞれ異なっているのです

おにちゃん

今回の場合:弊サイトはフリーランス向けのメディアなので、ビジネス向けの文章力について解説していきます。


文章力がある人と頭の良さは関係しているのか

いい文章を書く人は、地頭がいいイメージがあります。そのため、文章力と頭の良さには関係があるように思われています。

しかし、その認識は正しくありません。文章力は、技術を学べば身につくものだからです。

文章力を身につけるとは、文章の書き方、わかりやすい伝え方を知ることと同じです。

おにちゃん

文章力は、地頭の良さや才能とは違い、後天的に身につけることができます


文章力がある人の性格的な特徴

文章力のある人に共通しているのは、「相手に理解してもらうこと」を大切している点です。

忘れがちですが、文章力とはきれいな文章を書くことではありません。伝えたいことを、過不足なく伝えられる力のことです。

きれいな文章を書くことが目的になると、本来の目的から外れてしまいます。

  • 「相手に理解してもらうにはどのような情報が必要か」
  • 「どの順番で伝えるのが適切か」
おにちゃん

常に相手のことを考える人こそ、文章力の高い人と言えるでしょう。


文章力がある人が持つ文の特徴

わかりやすい文章には、いくつかの特徴があります。

この特徴を抑えた文章は、わかりやくすく、ストレスなく頭に入ってきます。

その中でも大事なものをご紹介します。

  1. 相手に合わせる
  2. 主語と述語の一致
  3. 具体的でわかりやすい
  4. 文法ミスやスペルミスが少ない


相手に合わせる

何度も言いますが、文章力がある人は「相手に合わせて文章を書く」ことができます。

おにちゃん

相手のニーズに合わせて、文章の量、表現方法を変える。
これができる人=文章力がある人です。


主語と述語の一致

文法的に正しい文章は、主語と述語が必ず対応しています。

しかし、文章を書き慣れていない人は、主語と述語の関係がおかしい文章を作りがちです。

おにちゃん

主語と述語が対応していない文章は、読み手を混乱させてしまいます。

  • 悪い例:私の友人は、先月ハワイ旅行で多くの観光スポットがあった。
  • 良い例:私の友人は、先月ハワイ旅行に行き、多くの観光スポットを回った。

悪い例のような、主語と術後が一致しない状態を、文章のねじれと呼びます。

ねじれが起こる一番の原因は、書き手が文章の構成を把握しきれなくことです。そのため、文章が複雑で長くなるほど、主語と述語の不一致が起こりやすくなります。


具体的でわかりやすい

「書いていることはわかるが、ぼんやりとして掴みどころがない」

このような文章を見たことはないでしょうか。抽象的な表現はイメージが難しく、文章の主旨を伝えきれない弱い文章を作ってしまいます。

具体的な例を挙げることで、読み手の理解を助けられます。

  • 悪い例:テレビ会議はとても便利で、仕事の役に立ちます。
  • 良い例:テレビ会議を利用すれば、離れた所にいる従業員同士でミーティングが行なえます。今までかかっていた移動時間が必要なくなるので、その時間を他業務に充てることができます。


文法ミスやスペルミスが少ない

文章力がある人は、文法やスペルのミスを特に注意します。

文法とは:文章をつくる上でのきまりです。文法にミスがあると、読み手は理解に時間がかかったり、誤読をしてしまったりします。

おにちゃん

スペルミスをあまりに気にしない人もいますが、それは危険です。誤った理解をされると、思わぬトラブルにつながってしまいます。

文法・スペスミスがあると、不正確で不明瞭な文章になってしまいます。そのような文章を受け取った相手には、誤読を避けるための確認作業が発生します。

文法・スペスミスは、仕事の効率を落としてしまうということを忘れないようにしましょう。


文章力があると思われる型の特徴

文章力があると思われる方には、決まった特徴(型)があります。

型に沿って文章を書くことで、相手に伝わりやすいいい文章ができます。

ここでは、代表的な型をいくつかご紹介しましょう。

  1. ストーリータイプ
  2. 結論ファーストタイプ
  3. 列挙タイプ


ストーリータイプ

ストーリー型は過去の悩みを解決するという構成で、物語を聞かせるように理解させる手法です。

相手の感情に訴えかけるので、直感的に飲み込んでもらえるのが特徴です。

ストーリー型の構成は、以下のとおりです。

  1. ㈰発端…過去の悩みや困難など、問題だったこと。
  2. ㈪転機…解決しようと思った、きっかけや転機。
  3. ㈫成長…具体的に行ったことと、問題が解決したこと。
  4. ㈬未来…今後に向けたメッセージ
おにちゃん

よくあるストーリータイプなので、覚えておきましょう。


結論ファーストタイプ

結論ファーストタイプは、結論をはじめに述べる手法です。

最初に結論を述べることで、文章の方向性をあらかじめ定めることが出来ます。

読者は目的がわかった状態で文章を読むので、理解がしやすくなります。

  1. ㈰結論…文章の結論を述べる。
  2. ㈪理由…その結論にいたった理由を述べる。
  3. ㈫具体例…具体例を挙げて、理由を補強する。
  4. ㈬まとめ…文章の総括を述べる。
おにちゃん

この型の正式名称は「PREP法」です。
おにちゃん塾で愛用している型です。


列挙タイプ

列挙型は、最初に列挙する物事の総数を挙げて、後にそれぞれを順に説明する手法です。

たとえば、「テレワークのメリットは3つある」と述べて、順番にメリットを解説するような形になります。

最初に総数を挙げることはとても大切です。ただ文章を並べただけだけでは、読者は全体の構成をイメージできないまま読み進まなければならないからです。

おにちゃん

先に数字を挙げることは、文章構成を伝えることと同義です。その意味では、列挙タイプは結論ファーストタイプと似た効果が期待できます。


文章力を高めるためにするべきこと

文章力を高めるためには、アウトプット×インプットを継続的に行う必要があります。

おにちゃん

おにちゃん塾運営社が主に活用しているツールです。
特におすすめはブログですね!

ブログを活用すると、文章力がアップする+収入が増えるメリットがあるので、個人的にはかなりおすすめしています。

文章力のトレーニングを行いたい方は下記の記事を参考にしてみてください。


まとめ:文章力がある人の特徴は「常にアウトプットしている」

ここまでで「文章力とは、文章力がある人の特徴、頭の良さと関係があるのか」の解説は以上です。

文章力はすぐには身に付きません。日々少しずつ努力することで少しずつ改善されていきます。かなり大変ですが、文章力があると人生がちょっとだけ豊かになるので、ぜひ日々文章力に関する知識をインプットしてみてください。

おにちゃん

本記事は以上です。文章力を磨きたい方でフリーランスを目指したい方はおにちゃん塾を参考にしてみてください。


\ おにちゃん塾に清き一票を /

おにちゃん塾はランキングサイトに登録しています。

役立ったと言う方はこちらのバナーをクリックしてください。
クリックするだけで、僕の順位が上がります(๑>◡<๑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
URLをコピーする
URLをコピーしました!
記事の内容
閉じる