【無料・有料】文章校正ツールでおすすめ4選|使い方や活用方法を解説

想定読者

文章校正ツールを使ってみたい方「おすすめの文章校正ツールを知りたい。できれば活用の際のポイントも詳しく知りたい」

本記事は上記の方に向けて執筆しています。

本記事の内容

  1. 文章校正で使えるツール
  2. 文章校正をする際のポイント
  3. 文章校正「文賢」の使い方
記事の内容

サイト運営者

ブログアイコン例:おにちゃん
おにちゃん(22歳)
@onityanzyuku01

大学4年|経済学部(現在休学中)

おにちゃん塾を3年ほど運営しております。副業、フリーランス、独立までの情報を網羅していく予定です。

おすすめの文章校正ツール4選

おにちゃん塾がおすすめする文章校正ツールは下記の通りです。

  1. so-zou.jp
  2. 漢字使用率チェッカー
  3. PRUV
  4. 文賢

1つずつ解説していきます。


文章校正ツール1「so-zou.jp」

校正ツール1「so-zou.jp」
校正ツール1「so-zou.jp」

文章校正ツール一つ目は「so-zou.jp」です。

実際に使い方を簡単に紹介します。
まずはサイトのページに行く必要があります。

校正ツールの使い方:検査対象の文章
校正ツールの使い方:検査対象の文章

文章を入力して、検査のボタンを押しましょう。

結果:問題点の概要
結果:問題点の概要

検査ボタンをクリック後、数秒で、結果を表示します。
問題がある場合は、この文章でチェックすることができます。

注意点:無料ツールなので、間違えた表現を指摘することが多いです。


文章校正ツール2「漢字使用率チェッカー」

校正ツール2「漢字使用率チェッカー」
校正ツール2「漢字使用率チェッカー」

文章校正ツール二つ目は「漢字使用率チェッカー」です。

漢字使用率チェッカーとは:漢字率を表示してくれるツールです

使い方は非常に簡単です。
まずはホームページに行きます。

漢字使用率チェッカー
漢字使用率チェッカーの入力欄

漢字率を調べたい文章を貼り付け、漢字率を算出をクリックします。

数秒で、校正結果が表示されます。

漢字使用率チェッカーの結果
漢字使用率チェッカーの結果

こんな感じで、漢字数÷全体の文字数=漢字率が表示されます。


文章校正ツール3「PRUV(プルーフ)」

文章校正ツール三つ目は「PRUV」です。

PRUVとは:オンライン文章校正支援サービスです。

ユーザー登録をすると2万文字まで校正可能です。
非登録ユーザーは400文字です。

まずは、ホームページへ移動しましょう。

校正ツール3「PRUV(プルーフ)」

その後、文章を貼り付けチェックをクリックしましょう。
数秒で結果が表示されます。

文賢の結果

こんな感じで、文章校正を行なってくれます。


文章校正ツール4「文賢」

校正ツール4「文賢」
校正ツール4「文賢」

文章校正で最もおすすめのツールは「文賢」です。

文賢とは:読みやすく分かりやす文章を描くための文章校正アドバイスツール

このツールは有料です。

  • 初期費用:11,880円
  • 月額費用:2,178円

初期費用が高すぎますが、優れた機能があるので、ぜひ一度体験していただきたいです。

おにちゃん

使い方に関しては、長くなってしまうので、最後の章で詳しく解説しています。


文章校正ツールを使う際のポイント

文章校正ツールを使用する際に、気をつけたいポイントがあります。

  1. ツールを1つに絞らない
  2. 表記ルールを登録する
  3. 自分で確認する


文章校正ツールを1つに絞らない

校正ツールはそれぞれ強みがあります。
逆に、弱みもあります。

そういった弱みを補う上でも、校正ツールというは組み合わせて活用しましょう。

文章をコピペして貼り付けるだけです。
このちょっとした行動で、将来的なスキルが変わってきます。


表記ルールを登録する

校正ツールを使って、自分だけの校正ルール(辞書)を作成しましょう。

自分が間違えやすいポイントを登録しておけば、似たようなミスが徐々に減っていきます。

人間にはそれぞれのクセがあります。
そのクセをツールを活用して見つけ出しましょう。


自分で確認する

校正ツールはツールです。
あくまで補助的な役割で活用するようにしましょう。

  1. 文章を執筆する
  2. 校正ツールで間違いを探す
  3. 最後に自分で読んでみる

この手順を行うようにしましょう。


有料の文章校正ツール「文賢」を使いこなす

有料の文章校正ツール「文賢」を使いこなす
有料の文章校正ツール「文賢」を使いこなす

今回は、WEBライティングのおすすめの校正ツール「文賢」の使い方を紹介します。

「文賢」を正しく活用して、WEBライティングのクオリティアップに繋げてみてはいかがでしょうか?


文賢なら主要な4つの機能から文章チェックできる

文賢なら主要な4つの機能から文章チェックできる
文賢なら主要な4つの機能から文章チェックできる

「文賢」の基本的な機能は文章の校正です。

  1. 文章表現
  2. 校閲支援
  3. 推敲支援
  4. アドバイス

という4つの機能によって文章を校正していきます。

この章では、実際の画像を参考にしながら、文賢の使い方を見ていきましょう。

機能1「文章表現」:文章の読みやすさを見る

まず、左上のタブから「文章表現」を選択します。

そして、「テキストエリア」にチェックしたい文章を入れましょう。

機能1「文章表現」:文章の読みやすさを見る
機能1「文章表現」:文章の読みやすさを見る

次に、「⇄」のマークがついた箇所をクリックしましょう。

すると、文賢がクリックした箇所に相応しいと思われる表現を表示してくれます。

機能1「文章表現」:文章の読みやすさを見る
機能1「文章表現」:文章の読みやすさを見る

画像のように、筆者が「危ない」という表現をクリックすると、いくつもの表現の候補を提示してくれました。

実際に使われている例文も一緒に見られるので、日本語の表現として違和感のない単語を選べるでしょう。

または、文章中で正しいかどうか不安な表現を自分で検索して、その単語の類似表現も検索できます。

機能2「校閲支援」:日本語の正しさを見る

「校閲支援」の機能を使う時も同様に、左上のタブから選択して、チェックしたい文章を入力していきます。

機能2「校閲支援」:日本語の正しさを見る
機能2「校閲支援」:日本語の正しさを見る

文章を入力すると、項目別に修正すべき内容が番号で表示されます。

例えば、同音異義語などは間違いやすい表現の代表格です。

画像のように、「制作」や「製作」のような単語に、「表現の間違いがないかどうか」のチェックが入ります。

機能2「校閲支援」:日本語の正しさを見る
機能2「校閲支援」:日本語の正しさを見る

また、誤字脱字に関しては明らかな日本語ミスなので、赤色でチェックが入ります。

このように、「校正支援」の機能を使えば、日本語のケアレスミスが減らせるのです。

機能3「推敲支援」:文章表現の最終確認ができる

左上のタブで「推敲支援」を選択して文章を入力すると、日本語のルールの最終確認ができます。

機能3「推敲支援」:文章表現の最終確認ができる
機能3「推敲支援」:文章表現の最終確認ができる

句読点が打たれていない文章や助詞を連続して使っている文章、句読点が不自然に多い文章などに関してチェックが入ります。

機能3「推敲支援」:文章表現の最終確認ができる
機能3「推敲支援」:文章表現の最終確認ができる

また、あまりに一文が長い文章やひらがな表現の方が望ましい表現に関しても、ヒントをもとに修正可能です。

ちなみに、重複表現や語尾の連続に関してもチェックできますね。

加えて、逆説の接続詞である「が」や「しかし」等の、誤用が意味に大きな違いを生む表現に関してもチェックしてくれます。

このように、「推敲支援」を使えば、日本語のルールの最終確認が可能です。

機能4「アドバイス」:助言をもとに文章を確認

「アドバイス」の機能は、チェックリストをもとに、自分の目で文章を修正していくための機能です。

「アドバイス」機能のチェックリストは、以下の2つからなります。

・公に発信する際にチェックすべき10のチェックリスト

機能4「アドバイス」:助言をもとに文章を確認
機能4「アドバイス」:助言をもとに文章を確認

・わかりやすさの10のチェックリスト

機能4「アドバイス」:助言をもとに文章を確認
機能4「アドバイス」:助言をもとに文章を確認

以上のチェックリストを参考に、文章の完成形を考えていくのです。

それぞれのチェックリストには、それぞれ細かい説明文が付いており、文章を提出する前の最終確認に役立ちます。


知っていると便利な文賢の機能

ここまで、文賢の基本的な4つの機能について見てきましたが、その他にも知っておくと便利な機能があります。

それが、「読み上げ機能」と「辞書のカスタマイズ機能」です。

この章では、これらの機能について詳しく見ていきましょう。

読み上げ機能

読み上げ機能

文賢には文章の読み上げ機能があり、入力した文章を読み上げてくれます。

こうすることで、読み手にとって本当に違和感のない文章かどうかを判断します。

ちなみに、読み上げの速さは0.8倍速から2.0倍速まで調整が可能です。

文章のチェックには読み上げが有効ですが、自分で読み上げるとなると手間になってしまいがちですよね?

文賢の読み上げ機能は、このような文章チェックの手間を省くことができるのです。

辞書のカスタマイズ機能

文賢の基本的な機能は、文章や表現の校正やアドバイスの提示ですが、どの機能も文賢内の辞書に乗っ取って行われます。

また、この辞書は初期設定でも十分に使えますが、他の辞書を選んだり、自分でカスタマイズしたりできます。

つまり、求められるレギュレーションに沿った適切な辞書を適用することで、より校正の利便性を向上させることが可能なのです。


まとめ:おすすめの文章校正ツール4選

ここまでで文章校正ツールの解説は以上です。

まとめ:おすすめの文章校正ツール4選
  1. so-zou.jp
  2. 漢字使用率チェッカー
  3. PRUV
  4. 文賢
おにちゃん

本記事は以上です。文章校正ツールを活用しつつ文章力を向上させてみてください。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
記事の内容
閉じる