SEO

【悲報】アフィリエイトリンクとSEO評価の関連性【真実を語ります】

【悲報】アフィリエイトリンクとSEO評価の関連性【真実を語ります】
おにちゃん
おにちゃん

こんにちは!!
おにちゃんです。

 

先ほどこんな内容を目にしました。

  1. アフィリエイトリンクがあってもSEOのランキング要因には関係ない
  2. ユーザーの要望を満たせば、アフィリエイトリンクがあってもでも問題ない。
  3. 大切なのはクエリに関連性のあるコンテンツ+価値提供

これは本当なのでしょうか⁉︎

今回はこの真相を確かめるべく、『プログラミング』『ブログ』のキーワードを調べてみました。

結論を言うと、

  • アフィリエイトリンクとSEOの関係はそこまで関係ない
  • ユーザーの要望を満たしているコンテンツであっても上位を取れない
  • 大切なのはクエリに関連性のあるコンテンツではなく『権威性』

アフィリエイトリンクとSEOの関係①

アフィリエイトリンクのあるサイトとSEOの関係①

【プログラミング 独学】というキーワードで調査しました。

検索順位結果

1位:企業サイト
2位:企業サイト
3位:note
4位:企業サイト
5位:企業サイト
6位:quita
7位:企業サイト
8位:マナブログ
9位:企業サイト

実際に、みてもらうと分かるのですが、企業サイトのほとんどが下記の様な方法でスクールを促してます。

ブログの独学は可能

でも辛いからスクールがいいかもね

有料スクール

ブログの独学はできるが難しい

スクールだと体系的に学べるよ

有料スクール

読者は上記の内容を求めてるんですかね。

→【プログラミングの独学方法】について知りたいはずです。

読者のニーズを満たしていたのはマナブログだけな気がします。

  • Googleの言うクエリに対しての高品質なコンテンツは一致しませんね。
  • 価値提供に関しても、企業以上にしっかりしているサイトもありますが、10位以下でした。

マナブさんが1位じゃないのは腑に落ちませんね。

次の結果はご覧の通りです。

 

アフィリエイトリンクとSEOの関係②

アフィリエイトリンクとSEOの関係②

【ブログ稼ぐ】と検索してみました。

検索順位結果

1位:企業サイト
2位:企業サイト
3位:企業サイト
4位:企業サイト
5位:企業サイト
6位:Tsuzuki サイト
7位:企業サイト

声を大にして言わせください。

読者が見たいのはつづきさんとマナブさんとクニトミさんだと思うんですよね。

企業サイトを求めていません。

個人(資本なし+技術なし+人もいない)サイトが資本をたくさん持ってる企業サイトを参考にするわけないでしょ。

 

ここまでのランキング要因をまとめると下記の通りです。

①アフィリエイトリンクがあってもランキング要因には関係ない

そうかもしれないが、名だたる有名アフィエイターはほとんど撤退

②ユーザーの要望を満たせば、アフィリエイトリンクのあるサイトでも問題ない。

要望満たしてる素晴らしいサイトよりも企業サイトが上位表示

③大切なのはクエリに関連性のあるコンテンツ+価値提供

個人ブログで大切なのは『圧倒的な影響力』←これに限る。

 

おにちゃん
おにちゃん

個人ブロガーが重要視すべきことは『権威性』を身につけることです。

いくら、私達アフィリエイターが文句を言おうが、Googleは容赦なくアップデートを繰り返して、振るい落としてきます。

Google社は一部の声ではなく、全体的な声を重要視するため、この傾向は変わらないと思われる。

そのため、今からメディアミックスの戦略を使って流入先を増やしておきましょう。

  1. YouTube
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. TikTok

などなどを活用して権威性を高めておきましょう。

僕もSEO一本は危ないと思い、最近、Instagramを活用し始めました。

SEO海外の情報+自分が経験したブログ論など幅広く学べるので、是非フォローよろしくお願いします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

権威性をつける方法についてはブログで必要な権威性を作るための4つのテクニック|最後は専門家を目指すを参考にしてみてください。

かなり役立つはずです。

アフィリエイトリンクとSEOの関係まとめ

アフィリエイトリンクのあるサイトとSEOの関係まとめ

私達アフィリエイターは悪く言うと請け負いです。

Googleが開発するプラットフォームの上で何かをしなくてはいけないのですから。

おにちゃん
おにちゃん

そのため、私達ができることはプラットフォームに固執せず、プラットフォームを転々とすることです。

マナブさんやイケハヤさんがいい例ですよね。

あれだけブログで稼いでいたのに、SEO難しくなると仮説立てた段階で別のプラットフォームに移動しています。

彼らみたいに我々も柔軟な考え方が今後はますます必要なのかもしれませんね。

 

本記事が役立った方はTwitterにて拡散してください。

フォローもよろしくお願いします。

ABOUT ME
アバター
鬼澤龍平(20)
■弊サイト『おにちゃん塾』運営者です。年内に月間PV数20万目指しています。現在1万PV程度*7月時点