Webライターとしてアルバイトする方法|ルートは3つあります

想定読者

Webライターとしてアルバイトしたい方「Webライターのアルバイトって稼げるのかな。Webライターとしてアルバイトするためにどんなサイトを使えば良いのかな」

本記事は上記の方に向けて執筆しています。

本記事の内容

  1. Webライターとしてアルバイトするとどのくらい稼げるのか
  2. Webライターのアルバイトをする上でおすすめのサイトはどれなのか
  3. Webライターとしてアルバイトに申し込んでから仕事を獲得するまで

この記事を執筆している僕はWebライターとして月10万円以上を稼いだ経験があります。現在はライター業ではなく、ブログ運営+SEOコンサルを行なっていますが、ライターと関わることが多いのでライターに関する情報は沢山持っています。

そんな僕が、Webライターのアルバイトに関する内容を深掘りして解説しています。

Webライターとして頑張っていきたい方にはうってつけの内容になっています。5分程度で読み終わるので、ぜひ最後までご覧ください。

記事の内容

サイト運営者

ブログアイコン例:おにちゃん
おにちゃん(22歳)
@onityanzyuku01

大学4年|経済学部(現在休学中)

おにちゃん塾を3年ほど運営しております。副業、フリーランス、独立までの情報を網羅していく予定です。

Webライターでアルバイトすると月5万円~10万円程度稼げます

Webライターは、オンライン上で稼げる職として注目が集まっています。

しかし、いざ調べてみると、

  • Webライターは稼げないと言う人
  • Webライターは月100万円も稼げる言う人

どっちが真実なのかイマイチわからないですよね。

おにちゃん

実はこの情報、どちらも正しいのです。

Webライターは、スキルと実績で報酬が大きく変わる職業です。そのため、Webライターによって収入の振れ幅が大きいのです。

では、初心者Webライターのアルバイト収入がどれくらいかと言えば、大体5〜10万程度が目安です。

この記事ではWebライターがアルバイトで稼ぐための手順を、順を追って説明します。


Webライターとしてアルバイトする方法

Webライターとしてアルバイトする方法はいくつかあります。

  1. 求人サイトに申し込む
  2. クラウドソーシングに申し込む
  3. 企業に営業をする

それぞれの方法について解説します。


求人サイトに申し込む

Webライターとしてアルバイトする1つ目の方法は「Webライターを募集している求人」を探すというものです。

代表的なものは以下のサイトです。

  1. レバテックフリーランス
  2. レバテッククリエイター
  3. テクフリ
  4. クラウドテック

これらのサイトには高時給な求人が数多く掲載されています。

しかしながら、ほとんどの求人はWebライター経験者でなければ応募できません。目安として、1年以上のライター歴が必要です。

おにちゃん

これからWebライターを始める人にはハードルが高いです。
最初から高収入を狙う方であれば、おすすめのアルバイトです。


クラウドソーシングに申し込む

Webライターとしてアルバイトする方法2つ目は「クラウドソーシングに申し込む」ことです。

クラウドソーシングサイトでは、多くの企業や個人がWebライターを募集しており、初心者Webライターでも簡単に仕事を獲得することができます。(僕はメインとしてクラウドワークスを使っています)

代表的なクラウドソーシングサイトは以下の3つです。

おにちゃん

上記の3サイトに登録しておけば、問題なしです!

Webライターを始めるなら、まずクラウドソーシングサイトから始めるのが一番良いかもしれません。


企業に営業する

Webライターとしてアルバイトする方法3つ目は「企業に営業する」方法です。

Webライターを必要としている企業は様々です。
代表的なのは、WEBコンテンツを作成するメディア運営会社です。他にも、WEBサイトを充実させたい通信販売企業もライターを必要としています。

おにちゃん

単価は交渉次第で変動しますが、一般的な相場よりも高くなる傾向にあります。

複数の企業から仕事を獲得できれば、それだけで十分に生活できます。とはいえ、企業への営業には実績と経験が必要です。

駆け出しライターでは、仕事の獲得は難しいと思います。
クラウドソーシングで実績を作る。その後、企業へ営業する。この流れが一番ベストです。


1番、おすすめのアルバイトはクラウドソーシングです。

これからWebライターを目指すなら、アルバイトとしてクラウドソーシングを利用しましょう。

理由は2つあります。

第一に、クラウドソーシングでは未経験でも案件を獲得できるから。高いスキルを求められない案件を狙えば、簡単に仕事が獲得できます。

第二に、実績が記録に残るからです。この実績が、将来的に自分のアピールポイントになります。

おにちゃん

このように、クラウドソーシングは初心者に最適と言えます。


クラウドソーシングサイトに登録する

まずはサイト登録します。登録するサイトは以下のサイトがおすすめです。

登録後は、以下の2つのことを必ず行ってください。

1つは本人確認です。

本人確認とは:クラウドソーシングサイトに、自分の身分証を提示して、登録情報が正確だと伝えるものです。

多くのクライアントはワーカーが本人確認しているかどうかを、採用基準の一つにしています。受注できる確率を上げるために、本人確認はしておきましょう。

もう一つがプロフィールの作成です。

自分がどういう人間かを明らかにすることで、クライアントの信頼度が高まります。書くことが思いつかない場合は、下記の項目を載せるようにしましょう。

  • 学歴(学部など)
  • 職歴(業種など)
  • 年齢
  • 性格
  • 保有資格
  • 過去のライティング実績(書いてきたジャンル、件数など)
  • どういう文章を書くように心がけているか


案件に応募する

登録作業が終わったら、案件に応募しましょう。クラウドソーシングサイトには、1000近いライティング案件があります。

初心者におすすめ案件はこんな感じ。絞り込み検索を使って、下記の条件にあてはまる案件を探しましょう。

  • 文字単価 … 0.3円〜1.0円
  • 求めるレベル … 未経験

応募したい仕事を見つけたら、クライアントに提案を行います。「この人になら仕事を任せられる」と思ってもらえるように、自分をアピールしましょう。

提案文が案件受注の全てと言っても過言ではないので、この部分は「【独自】クラウドワークスとランサーズの提案文を作ろう【テンプレはNG】」で詳しく学んでみてください。

おにちゃん

発注者目線:僕は提案文の良いWebライターに仕事を振ります。
なぜなら、ここを手抜きするライターで良い人に当たったことがないからです。


仕事を獲得し納品する

提案が通れば、クライアントから発注が行われます。

クライアントの指定した要件通りに記事を執筆して、記事を提出(納品)しましょう。その記事が問題なければ、報酬が支払われます。

作業をする上で、下記の点に注意しましょう。

  • ガイドライン通りに執筆する
  • 期日通りに納品する
  • 誤字・脱字のチェックを行う

これらを守ることで、クライアントからの評価が上がります。結果として、継続的な発注と報酬の増額に繋がります。


【実体験】久しぶりに少しだけWebライターのアルバイトをしてみた結果

2021年の4月にアルバイトとして、Webライターでお金を稼いでみました。

労働時間30時間+依頼時間5時間ほどでこのくらい稼ぐことができました。

詳しい内容は下記の記事で紹介しています。


まとめ:Webライターのアルバイトならクラウドソーシングがおすすめ

ここまででWebライターとしてアルバイトする方法を解説してきました。

クラウドソーシングでは、初心者でもライティングの仕事を獲得できます。最初は報酬が少ないかも知れませんが、実績を積むことで高単価な案件も獲得できるようになります。

5件ほど実績を積めば、文字単価1円が狙えるようになります。そうなれば、月に15本の記事を執筆し、5万円以上の収入が得られます。

おにちゃん

Webライターは初心者でも稼ぎやすい副業なので、ぜひ果敢に挑戦してみてください。

もっと具体的にWebライターを目指したい方は下記の記事を参考にしてみてください。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
記事の内容
閉じる