Webライターの練習方法はどれがおすすめ?「それは実践の中にある。』

想定読者

Webライターの練習方法を知りたい「Webライターにとっておすすめの練習方法ってなんなのなのかな。」

本記事は、上記の方に向けて執筆しています。

本記事の内容

  1. Webライターにおすすめの練習方法は存在しない話
  2. 実践する=Webライターの練習になります
  3. Webライターで練習したい方はブログを始めよう
記事の内容

サイト運営者

ブログアイコン例:おにちゃん
おにちゃん(22歳)
@onityanzyuku01

大学4年|経済学部(現在休学中)

おにちゃん塾を3年ほど運営しております。副業、フリーランス、独立までの情報を網羅していく予定です。

【Webライター向け】Webライティングの練習方法

Webライターの練習方法としてもっと有効なのは「本を読む」ことです。

Webライティングの本で学ぶ

近年、Webライターは注目を集めていることもあり、ネットショップや本屋にはWebライティングに関する本が沢山あります。

そのため、どの本を購入すれば良いのか迷う方が多くいます。

おにちゃん

そんな方のために、僕の方でおすすめのWebライティングに関する本を一冊だけ選ばせていただきました。

「沈黙のWebライティング」

まずは、この本を購入して文章の組み立て方やSEOといったWebライティングで必要的な知識を学びましょう。


本を読んでからの練習は不要→時間の無駄です

「本が終わったから、次は練習だ!」と思うかもしれませんが、Webライティングにおいて、練習は不要です。

おにちゃん

むしろ、本を読んだ後の練習というのはWebライターとして成長する上では時間の無駄です。

Webライターとしてのスキルを磨くためには、誰かに読んでもらって添削してもらうことが必要です。

そのため、今すぐに案件を引き受けて添削してもらったほうがスキルアップに繋がります。


練習方法として文章の要約もあり=ここに全てが詰まっている

Webライターとしてのスキルは仕事をしていくことで伸びていくものですが、それでも未経験者は本当に大丈夫なのか不安になるでしょう。

不安の方で、何かしらの練習をしたいと考えている方は、文章の要約をしてみましょう。

おにちゃん

Webライティングというのは、クライアントが伝えたいことをわかりやすく噛み砕いた文章で伝える仕事です。

そのため、文章の要約をしてみることでわかいやすい文章を執筆できるようになります。

要約の練習に必要なもの

  • flier
  • メモ帳

flierを使って要約技術を身にけよう

flierとは、読者家向けの要約サービスです。

要約を学習する手順

  1. flierに掲載されている本を独自で購入する
  2. 本の要約を自分なりに執筆する
  3. flierの要約を見て、自分の要約と比較する

この手順で要約技術を身につけることができます。

重要なポイントは「flierと自分がした要約の違い」を見つけることです。


Webライティングの練習は基本的には不要。なぜなら練習は実践の中でできるから

上記で述べたように、Webライティングの練習は基本的に必要ありません。

実践を通じて練習できるのがWebライティングであり、何度もチャレンジしていくことでスキルも高まります。

ただ、具体的にどのような方法で実践していけばよいのでしょうか。

おにちゃん

この点を具体的に解説して行きます。


案件を受注しながら成長しましょう。

Webライティングの実践としては、やはり案件を受注することがおすすめです。

案件はお金が発生するため、責任感を持って取り組めるようになります。

責任感を持って仕事をしていると予想以上にレベルアップすることができます。


クラウドソーシングに登録して応募しまくる

案件の獲得方法はSNSや求人サイトなど様々ありますが、初心者の場合はクラウドソーシングがおすすめです。

代表的なサイトが「クラウドワークス」と「ランサーズ」であり、双方とも登録しておくのがおすすめです。

クラウドソーシングがおすすめの理由は、初心者応募をOKとしている案件が多いためです。

  • 未経験から仕事を始められる魅力
  • Webライターとして成長できる。

そのような意味からクラウドソーシングの登録をおすすめします。

おにちゃん

初心者の場合は、基本的に1文字0.5円程度からの案件から始めてみましょう。それより低い単価の案件はライティングの労働料と割に合わない場合がほとんどです。

提案文の書き方

クラウドソーシングで仕事を獲得するためには「提案文」をマスターする必要があります

提案文:クライアントに対して、自分のスキルや実績を紹介してクライアントを信頼させるための文章

クラウドソーシングで仕事を獲得するためには、一番大事な部分なので、必ず下記の記事を参考に自分なりの提案文を構築しておきましょう。


どうしてもWebライティングの練習がしたい方はブログでしよう

Webライティングの練習は文章の要約だけではなく、ブログでも可能です。

おにちゃん

ブログは誰でも気軽に始めやすいです。
また、自分のブログサイトを持っているWebライターも数多くいます。


ブログは練習+お金が稼げる

ブログでは、文章スキルや構成の組み立て方などを学べます。

おにちゃん

Webライターとして収入を増やしたいのであれば、WordPressブロクを開設して記事を作成することをおすすめします

その理由は、WordPressに直接入稿する案件があるからです。

WordPressの扱いに慣れていればスムーズに案件対応できるようになります。

また、ブログではアフィリエイトといった方法でお金を稼ぐこともできます。

本格的にアフィリエイトで稼ぐためには、ブロクのテーマを絞ったりターゲットを絞った記事を作成したりなどのコツが必要ですが、うまくいけば月々のちょっとした収入になるでしょう。


Webライターの練習として活用したブログは実績に繋がる

ブロクの記事はWebライターとしてのポートフォリオにも使えます。

クライアントがWebライターを採用する基準の一つ→『これまで書いた記事』

おにちゃん

発注者目線これがないとどのくらいのスキルを持っているのかわかりません。

そのため、ブロク記事をポートフォリオとすることで、文章のスキルが把握できるようになって採用される可能生が高まります。


ブログの始め方

Webライターにとってブログは重要な練習場であり、実績となる部分です。

絶対に導入しておきましょう。

必要なもの


まとめ:Webライターであれば練習は実践の中で行おう

ここまででWebライターの練習方法は以上です。

おにちゃん

本記事は以上です。Webライターは実践の中で成長できるます。「練習するなら実践で挑戦」してみてください。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
記事の内容
閉じる