おにちゃん塾の商品一覧*準備中

【無料可】RankTrackerの使い方・料金プランを徹底解説

【無料可】RankTrackerの使い方・料金プランを徹底解説
URLをコピーする
URLをコピーしました!

SEO対策にはRankTracker(ランクトラッカー)が必要この意見に僕も賛成です。

おにちゃん

執筆者:RankTracker(ランクトラッカー)を活用して2年目の大学生ブロガーが執筆しています。

RankTracker(ランクトラッカー)はプロブロガーのマナブさん、Tsuzukiさんなどが活用していることでも有名です。


本記事の内容

  1. RankTrackerとは
  2. RankTrackerの料金プラン
  3. RankTrackerのダウンロード手順
  4. RankTrackerの使い方
  5. 秘密のRankTracker使用法

前提知識

SEO検索順位が大切なのは知ってるけど、どんなキーワードを計測すればいいのか分からないという方は、一歩手前の内容を学習してみてください。

>>【SEO対策】キーワード選定の方法を5STEPで解説【コツを大公開】

追記】2021年3月6日:RankTrackerの使い方を加えました。←非常に参考になるはずです。

(スポンサーリンク)

目次

RankTracker(ランクトラッカー)とは

ランクトラッカーとは

RankTracker(ランクトラッカー)とは

提供会社株式会社ネットオン
運営責任者木嶋諭さん
サービス名RankTracker

RankTrackerは、優秀なSEO検索順位チェックツールです。

ブログ記事は以下の制作手順で行います。*SEO的におすすめ

【ブログ記事の制作手順】

  1. キーワード選定
  2. コンテンツ制作
  3. SEO検索順位チェック
  4. リライト

制作手順3番目:SEO検索順位チェックの所でRankTrackerが必要になります。

SEOで上位表示させることは、ブログ収入の売上UPにつながりますので、検索順位ツールは必須ツールです。


RankTrackerの機能

  1. SEO検索順位のチェック
  2. 自動スケジュール機能で毎回更新される
  3. キーワードのグループ分け
  4. リスト内のメモ機能
おにちゃん

本ツール『Rank Tracker』は、マナブログを運営するマナブさん、Tsuzukiさんも愛用しています。


RankTracker(ランクトラッカー)を導入すべき理由

マナブログを運営するマナブさんが紹介している商品=安心する商品なのですが、

それに加えて、RankTrackerでは以下の3つのメリットがあります。

RankTrackerのメリット
  1. リライトすべき記事を把握できる
  2. リライト後の順位変動を確認できる
  3. サイト全体の流れを把握できる

RankTrackerは検索順位ツールなので、順位が悪い+1位を取れていない記事を明らかにしてくれます。

また、1ヶ月に1回ほどサイト全体が急激に成長したり、下降したりなどのサイト全体的の流れをRankTrackerでは把握することができます。

→1ヶ月運営して下降した場合は、ご自身の運営方法を見直してみましょう。

このように、RankTrackerを使用するメリットは沢山あります。


RankTracker(ランクトラッカー)の料金プラン

RankTracker(ランクトラッカー)の料金プラン

RankTrackerの料金プランは3つあります。

RankTrackerの料金プラン
  • 無料版:$0/年間
  • プロフェッショナル版:$124/年間
  • エンタープライズ 版:$229/年間
料金プラン料金
無料版$0円/年間料金
プロフェッショナル版$124/年間料金
エンタープライズ版$229/年間料金

おにちゃん塾+マナブログ+Tsuzukiさんも『料金プラン:プロフェッショナル版をおすすめしています。

RankTracker(ランクトラッカー)の料金プラン
RankTracker(ランクトラッカー)の料金プラン


【料金:無料プラン】RankTrackerの機能

RankTrackerの無料料金プランでもランクトラッキングは可能です。

ただ、毎回キーワード登録しなくてはいけないので、相当面倒です。

おにちゃん

僕の周りのブロガーはほとんどが無料版→プロフェッショナル版に切り替えています。

*後日追加予定


【料金:有料プラン】RankTrackerの機能

  • 競合他社5社分析
  • SEOタスクのスケジューリング
  • プロジェクトの保存

この料金プランではSEO検索順位チェックツールとして必須の機能が兼ね添えられているので、

安心してプロフェッショナル版を購入してください。

年間1万円が嫌な方はまずは、無料から始めるのも良いかもしれません。

ただし、無料版だと、登録するSEOキーワードを保存することができないので、結構面倒くさいです。

僕の例で言うと、ブログを始めた2ヶ月目から、ランクトラッカーを導入しました。
*僕は運よく2ヶ月で費用を回収することができました。

おにちゃん

ブログ運営でがっつり稼ぎたい方にとって、必ず投資しなければいけないツールですので検討してみてください。(返金保障あり)

>>RankTracker公式サイトへアクセスする
*上記のリンクをクリックすると公式HPに飛びます。
*返金保障もあり。


RankTrackerとGRCの料金プランの違い

僕自身、GRCを使用したことはありません。

ただ、使用している友達が言うには、MacBookでGRCをダウンロードすると仮想サーバーなど色々大変みたいです

一方で、WindowsだとGRCの方が使いやすいみたいです。
*お値段的にはそこまで変わりません。

▼下記の様な感じで問題ないと思います。

  • Mac:ランクトラッカー
  • Windows:GRC

GRCの料金プラン

GRCには5つの料金プランがあります

  • ベーシック
  • スタンダード
  • エキスパート
  • プロ
  • アルティメット

ベーシックプラン
月額:495円
年額:4950円(2ヶ月分料金がお得)

スタンダード
月額:990円
年額:9900円(2ヶ月分料金がお得)

エキスパート
月額:1485円
年額:14850円(2ヶ月分料金がお得)

おにちゃん

RankTrackerの『プロフェッショナル版』とGRCの『エキスパート』が値段的に同じです。

GRCのホームページ



RankTracker(ランクトラッカー)のダウンロード手順

ランクトラッカーの導入手順

RankTracker(ランクトラッカー)のダウンロード手順

RankTrackerのダウンロード手順は以下の通りです。

RankTrackerのダウンロード手順
  1. 公式HPでランクトラッカーをダウンロード
  2. ソフトをクリックし、基本設定する
  3. 公式HPで有料版を購入する
  4. メールで『登録キー』を得る
  5. 『登録キー』をメモリ、ランクトラッカーに入力する

1つずつ詳しく解説していきます。


手順①公式HPでダウンロード

ランクトラッカー

まずはRankTrackerの公式ページに行きましょう。

手順①の流れ

  1. 名前を記入
  2. メールアドレスを記入する
  3. ダウンロードをクリック

ご自身の名前・メールアドレスを記入し、緑のボタンをクリックすることでダウンロードは終了です。

ボタンをクリックすると、以下の画像に推移して、下記のファイルがダウンロードされます。

ランクトラッカーのダウンロード

数分でファイルのダウンロードを終わりますので、その後ファイルを開いてください。


手順②基本設定する

ランクトラッカーを解凍する

上記のダウンロードしたファイルをクリックして、以下の画面へ進めましょう。

導入手順:英語設定を日本語に設定する

上記の画面に推移した方は、英語→日本語に変更し【Next>】ボタンをクリックしましょう。

導入手順:承諾ボタンをクリックする

【承諾する】ボタンをクリックしましょう。

導入手順:チェックを外す

『Rank Tracker』以外のチェックは必要ないです。

おにちゃん

僕自身はチェックを入れたまま、ダウンロードしたため、必要のないアプリまでインストールしてしまい、パソコンが重くなりました。笑

導入手順:ダウンロード終了

ここまで来れた方は、【完了】ボタンをクリックしてダウンロードは終了になります。


手順③有料版を購入する

ここまで、手順を進められた方は以下の公式サイトへアクセスしてみてください。

手順③:ランクトラッカーを実際に購入する

公式HPへ行き、【注文】ボタンをクリックしてみてください。

導入手順:年間プランに申し込む

上記の画面に推移した後に、プロフェッショナル版である124/yearの【今すぐアップグレード】ボタンをクリックしましょう。

導入手順:クレジットカード登録

クレジットカードor『PayPal』or『その他のお支払い方法』の中からお支払い方法を決定させましょう。

おにちゃん

私は『クレジットカード』で支払いを済ませました。


手順④『登録キー』を得る

お支払いが完了した方は入力したメールに『ライセンスキー』が掲載されたメールが届きます。時間にすると数分〜数十分かかる場合があります。

おにちゃん塾では約5分くらい届きました。

手順④ライセンスキーを確認する

以上のようにライセンキーが記述されているメールが届いた方は『Resistration by:登録者の名前』『Registration Key:ライセンスキー』の2つをメモりましょう。


手順⑤『ライセンスキー』をメモり、ランクトラッカーに入力する

手順⑤:『ライセンスキー』をメモり、ランクトラッカーに入力する

RankTrackerのアプリケーションに戻り、『ヘルプ』ボタンへ推移させ、『情報を登録』をクリックして、下記の項目を満たしましょう。

登録者:by
登録キー:key

以上の項目でRankTrackerのダウンロードの部分が終了になります。

ここからは、RankTracker使い方について詳しく解説していきます。


【準備編】RankTracker(ランクトラッカー)を準備しよう

【準備編】ランクトラッカーを準備しよう

RankTracker(ランクトラッカー)の準備

めちゃくちゃ使えるRankTrackerの準備についてご紹介していきます。

RankTrackerの準備手順
  1. WEBサイトの登録
  2. 新しいワークスペースを作成
  3. すべてチェックする

1つずつ詳しく解説していきます。


手順①WEBサイトの登録

ランクトラッカーの導入部分が終了した方はWEBサイトを選択していきましょう。

使い方①:ご自身のWEBサイトURLを入力

上記の写真にある『確認するサイトのURLを入力:』欄にご自身のブログサイトのURLを入力してください。

使い方①:連携は後回しor連携しない

ステップ2としてGoogleアナリティクスGoogleサーチコンソールの連携がありますが、ここは後回しor連携しなくても問題ありません。

おにちゃん

おにちゃん塾はどちらとも登録していません。

使い方①:キーワードを入力しよう

ステップ3でキーワードを入力欄ではご自身のブログタイトル名を入力しましょう。

私は間違えてURLを入力していますが、本来は『おにちゃん塾』と登録すべき所です。

また、ご自身が狙ってキーワードを入力しとくのもありです。*後からでも出来ます。

使い方①:検索エンジンを選択する

ランクトラッカーは通常だとアメリカの検索エンジンですので、+さらに検索エンジンを追加するをクリックして日本のエンジンに変更していきましょう。

使い方①:日本の検索エンジンに設定する

検索欄でjapanと入力し、追加しましょう。ついでに『USA』の検索エンジンは消しておきましょう。

使い方①:検索エンジンを選択

『USA』を削除することで『Japan』の検索エンジンだけになります。そこから【完了】ボタンをクリックしましょう。

使い方①:WEBサイトの登録

このような画面が出た読者はWEBサイトの登録が終了になります。


手順②新しいワークスペースを作成する

新しいワークスペースを作成することで、SEO検索順位を表示させる場所を充実させることができます。

使い方②:ワークスペースを作成

最初にやるべきこととして、+ボタンをクリックしましょう。

使い方②:項目にチェックを入れる

私がおすすめする項目は以下の通りになります。

チェック項目

  • キーワード
  • タグ
  • 注意
  • Google.co.jp Rank
  • Google.co.jp URLが見つかりました
  • Google.co.jp 差異
  • Google.co.jp 日付を確認
  • 検索数

上記だけで十分になります。

上記の項目をチェックし『OK』ボタンをクリックしましょう。


手順③すべてチェックする

使い方③:すべてをチェックするをクリック

右上付近にある『すべてをチェックする』ボタンをクリックすると、自動的に順位を更新してくれます。

上記の写真のように検索順位が表示されます。


【実践編】RankTracker(ランクトラッカー)の使い方

ランクトラッカーの使い方
ランクトラッカーの使い方

主に、ランクトラッカーで使用する機能は以下の3つです。

ランクトラッカーの使い方

  1. 自社ランキング把握
  2. スケジュール機能
  3. 競合ギャップ把握

1つ1つ解説していきます。


使い方①自社ランキング把握

ランクトラッカーの使い方①自社ランキング把握

ランクトラッカーの王道の使い方ですよねていうか、これがメイン機能です。

使い方は先ほど紹介した『【準備編】ランクトラッカーの使い方』をクリアできた方は使用することができます。

この機能には注意点がありますので、しっかりと把握しておきましょう。

注意する点はモチベーションですね。検索順位って日々変化します。

  • 検索結果が良い→モチベアップ
  • 検索結果が悪い→モチベダウン

上記のような悪循環にならないように、ブログ初心者は毎日確認するのは避けた方が良いかもしれません。

弊サイトでは1週間に1回程度ランクトラッカーの自社ランキングを確認しています。


使い方②スケジュール機能

使い方②スケジュール機能を追加する

RankTrackerではスケジュール機能を使うことによって、自分で更新しなくても勝手にランキングを更新してくれます。

ここまでの使い方をまとめると以下の通りです。

①RankTrackerの準備編をクリア▶︎②自社ランキングが反映される▶︎③スケジュール機能で管理です。

スケジュール機能に関しては『環境設定<Schedule』で設定できます。

  1. タスクの種類
  2. 検索エンジンランキング更新
  3. プロジェクトの選択
  4. タスクスケジュール設定
  5. アラート設定
  6. タスクの名前設定

上記の流れでスケジュールは完了します。


使い方③競合ギャップ把握

使い方③:競合ギャップ把握

RankTrackerにある競合ギャップ把握は僕が愛用している機能です。

ブログ初心者であれば『記事ネタがない〜(涙)』みたいな経験をしたことがあるはずです。

この機能を使えばそのお悩みが解決します

僕は有名ブロガー+新規で伸びているブロガーを分析して、狙っているキーワードを把握しています。

『キーワード真似するって法律違反じゃないの!?』→全然問題ありません。

むしろ、伸びている人間はキーワードをほとんど真似しています。

注意点:記事内容を真似るとアウトです。著作権に抵触する恐れがあります。弊サイトではキーワードは真似ていますが、記事内容は独自性を持たせております。


RankTracker(ランクトラッカー)の注意点

→分析家にならないようにしよう

ブロガーは記事を書くことが仕事です。分析することは+aです。

時々、記事を書かずに分析をする方がいるのですが、注意してください。


【おにちゃん塾編】RankTracker(ランクトラッカー)の使い方

ランクトラッカーの使い方
RankTracker(ランクトラッカー)の使い方

RankTrackerを使用してサイトの全体的な力を押し上げましょう。

記事を100記事程書くと必ず検索上位記事が出てきます。

僕は【VODアフィリエイト】が最も良かったです。
月間で200位の流入があります。 

その記事から展開できるキーワードを考えましょう。

僕の場合は【〇〇 アフィリエイト】と言うキーワードが関連性のあるワードです。

実際に僕のサイト記事の内15記事程【〇〇 アフィリエイト】という記事があります。
→9割程検索10位以内を獲得してます。

こんな感じで、RankTrackerを使ってサイト全体を拡大させて行くと、記事流入が確実に増えます。


結論:RankTracker(ランクトラッカー)の使い方・料金

まとめ:ランクトラッカーを活用してブログ運営を加速させよう

まとめ:RankTracker(ランクトラッカー)

ここまでで【無料可】RankTrackerの使い方・料金プランを徹底解説について解説しました。

本記事のまとめ
  • RankTrackerを導入するだけブログ運営が捗ります
  • RankTrackerを使いたい方は有料料金のプランをおすすめします。
  • お金をかけたくない方は料金プラン:無料から始めてみてください。

これらのノウハウを活かすには『適切なリライト』が必要不可欠。

おにちゃん

RankTrackerを活かすも殺すもご自身のリライトスキル次第なんです

適切なリライトに自信がない方は以下の記事を参考にしてください。

▶︎本記事は以上です。

本記事と一緒に読みたい記事

【無料可】RankTrackerの使い方・料金プランを徹底解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる